[スポンサーリンク]

archives

Grubbs第一世代触媒

mfcd01090946.gif

Aldrich
Grubbs第一世代触媒:Benzylidene-bis(tricyclohexylphosphine)dichlororuthenium
Bis(tricyclohexylphosphine) benzylidine ruthenium(IV) chloride
分子量:822.96
CAS:  172222-30-9
製品コード: 579726 
値段: 1 g 20,700 円 (2008.10.22 現在)
用途: 触媒
説明: Grubbsによって開発された第一世代の触媒。活性は第二世代に比べて低いが、その活性の低さがよい結果を生む場合もある。
文献:Grubbs, R. H. Tetrahedron 2004, 60, 7117.
 
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  2. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  3. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II)…
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  5. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  6. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  7. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-…
  8. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  2. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  3. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)
  4. ヘテロカンシラノール
  5. アゾ化合物シストランス光異性化
  6. 触媒的芳香族求核置換反応
  7. ヘリウムガスのはなし
  8. 2021年、ムーアの法則が崩れる?
  9. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  10. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

2015年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

ルーベン・マーティン Ruben Martin

ルーベン・マーティン (Ruben Martin、1976年12月16日 (バルセロナ生)-)は、ス…

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP