[スポンサーリンク]

archives

Grubbs第一世代触媒

mfcd01090946.gif

Aldrich
Grubbs第一世代触媒:Benzylidene-bis(tricyclohexylphosphine)dichlororuthenium
Bis(tricyclohexylphosphine) benzylidine ruthenium(IV) chloride
分子量:822.96
CAS:  172222-30-9
製品コード: 579726 
値段: 1 g 20,700 円 (2008.10.22 現在)
用途: 触媒
説明: Grubbsによって開発された第一世代の触媒。活性は第二世代に比べて低いが、その活性の低さがよい結果を生む場合もある。
文献:Grubbs, R. H. Tetrahedron 2004, 60, 7117.
 
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N…
  2. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  3. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  4. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…
  5. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  6. 角田試薬
  7. 4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフル…
  8. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授
  2. 史跡 佐渡金山
  3. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2
  4. ねじれがあるアミド
  5. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発
  6. NaHの水素原子の酸化数は?
  7. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  8. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  9. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  10. 春日大社

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP