[スポンサーリンク]

archives

Grubbs第一世代触媒

mfcd01090946.gif

Aldrich
Grubbs第一世代触媒:Benzylidene-bis(tricyclohexylphosphine)dichlororuthenium
Bis(tricyclohexylphosphine) benzylidine ruthenium(IV) chloride
分子量:822.96
CAS:  172222-30-9
製品コード: 579726 
値段: 1 g 20,700 円 (2008.10.22 現在)
用途: 触媒
説明: Grubbsによって開発された第一世代の触媒。活性は第二世代に比べて低いが、その活性の低さがよい結果を生む場合もある。
文献:Grubbs, R. H. Tetrahedron 2004, 60, 7117.
 
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ショウガに含まれる辛味成分
  2. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  3. セレノフェン : Selenophene
  4. (+)-MTPA-Cl
  5. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  6. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  7. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethy…
  8. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ネバー転位 Neber Rearrangement
  2. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授
  3. 2007年10大化学ニュース
  4. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復
  5. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦
  6. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  7. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  8. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治療薬を発売
  9. 紹介会社を使った就活
  10. (R,R)-DIPAMP

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP