[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

デヴィッド・クレネマン David Klenerman

デヴィッド・クレネマン (David Klenerman、19xx年x月xx日(イギリス生)-)は、イギリスの生化学者・生物物理学者である。英ケンブリッジ大学化学科 教授。

(写真:Royal Society )

経歴

1982 Christ’s College 卒業
1986 ケンブリッジ大学 博士号取得(I. W. M. Smith教授)
19xx スタンフォード大学 博士研究員 (Richard Zare教授)
19xx BP Research 研究員
1994 ケンブリッジ大学 勤務

受賞歴

2007 RSC Interdisciplinary Award

研究概要

次世代DNAシーケンサーの開発

同僚のShanker Balasubramanianと共同で、Solexa Sequencingと呼ばれるDNA配列決定法を1998年に開発。

かつてのSanger法に基づくDNAシーケンサーよりも圧倒的に速く、自動的に、低価格で、正確かつ簡便に、多くのDNA鎖を同時並行で解析できる方法となっている。

DNA

走査型イオン伝導度顕微鏡の開発

生細胞を三次元的に画像化できる手法。

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アハメド・ズヴァイル Ahmed Hassan Zewail
  2. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg
  3. アーサー・C・コープ賞・受賞者一覧
  4. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  5. フェン・チャン Feng Zhang
  6. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  7. 藤嶋 昭 Akira Fujishima
  8. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 5配位ケイ素間の結合
  2. 韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示
  3. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage
  4. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  5. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」
  6. 「石油化学」の新ネーミング募集!
  7. ケムステイブニングミキサー2017ー報告
  8. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments
  9. 人名反応に学ぶ有機合成戦略
  10. アッペル反応 Appel Reaction

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

元素紀行

先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

日本酸素記念館

大陽日酸の記念館で、創業時にドイツから輸入した酸素分離機が展示されていて、酸素分離機は、認定化学遺産…

室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

 プリンストン大学・Eric Sorensenらは、光駆動型水素原子移動(HAT)触媒-卑金属触媒ハ…

ケムステイブニングミキサー2017ー報告

先週の日本化学会年会に参加の方々お疲れ様でした。ケムステでは、例年通り「付設展示会ケムステキ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP