[スポンサーリンク]

エネルギー化学

ジョナス・ピータース Jonas C. Peters

ジョナス・C・ピータース(Jonas C. Peters, 1971年x月x日(シカゴ生)-)は、アメリカの無機化学者である。 カリフォルニア工科大学 教授。(引用:Pasadena Now)

経歴

1993 シカゴ大学 卒業 (Gregory Hillhouse教授)
1993-1994 ノッティンガム大学 (James J. Turner教授)
1998 マサチューセッツ工科大学  博士号取得 (Christopher C. Cummins教授)
1998 カリフォルニア大学バークレー校 博士研究員(T. Don Tilley教授)
1999–2004 カリフォルニア工科大学 助教授
2004-2006 カリフォルニア工科大学 准教授
2006-2009 カリフォルニア工科大学 教授
2010-現在 カリフォルニア工科大学 Bren Professor

研究概要

第一列遷移金属錯体の多電子移動過程を活用した小分子活性化研究

窒素の還元的固定、水の酸化、水素発生などを実現する錯体触媒の研究に取り組んでいる。特に鉄錯体を用いた窒素分子の触媒的変換によるアンモニア合成法の開発[1]は顕著な業績として知られる。

関連文献

  1. Anderson, J. S.; Rittle, J.; Peters, J. C. Nature 2013, 501, 84. doi:10.1038/nature12435

関連書籍

ケムステ内関連記事

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 櫻井英樹 Hideki Sakurai
  2. グレッグ・バーダイン Gregory L. Verdine
  3. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach
  4. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  5. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura
  6. シャンカー・バラスブラマニアン Shanker Balasubr…
  7. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altman…
  8. 吉野 彰 Akira Yoshino

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. FBDD Fragment Based Drug Discovery
  2. 化学者の卵に就職活動到来
  3. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  4. チエナマイシン /thienamycin
  5. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  6. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  7. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion of Metal Carbenoid
  8. 黎书华 Shuhua Li
  9. サムライ化学者高峰譲吉「さくら、さくら」劇場鑑賞券プレゼント!
  10. 塩素 Chlorine 漂白・殺菌剤や塩ビの成分

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

内容 世界市場において日本の国際競争力の低下傾向が続いており、製造業のシェアは年々低下、化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP