[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

ケムステV年末ライブ2022開催報告! 〜今年の分子 and 人気記事 Top 10〜

[スポンサーリンク]

だいぶ遅くなってしまいましたが、年末に開催したケムステV年末ライブの模様を報告いたします。

はじめに

ケムステV年末ライブは昨年で3回目となり、ケムステの恒例行事となりました。今年の振り返りの後、ケムステ版の注目分子「今年の分子2022」を紹介し、最後に記事ランキングベスト10を発表するという内容でライブを行いました。

今年の分子2022

今年の分子はChemistry & Engineering Newsが選ぶ  “The molecule of the year” のケムステ版で、ケムステスタッフの投票で決定しています。

栄えある今年の分子2022に輝いたのはヘキサジンでした!こちらの分子は2022年の4月にNature Chemistryで報告されたもので、ベンゼンの窒素バージョンです。構造的には非常に不安定でありながら、合成によって作り出されたことに心を打たれるものがあります。

こちらの分子を推薦したケムステスタッフのさんは、「構造有機の花形、シンメトリックなオールカーボンなんちゃら系は、めちゃくちゃ可愛いですよね。同時に天然物によく見られるアシンメトリックなヘテロ環マシマシ構造は、美しすぎます。そんな中、まるで天然物と人工物の美しい骨格を両どりしたかのようなヘキサジン合成報告が出てて、僕は昇天しました。炭素を含まず有機化学とは言えないこの化合物、実は可愛いだけでなく、材料学としても良い機能を持つことが期待できます。その点でも素晴らしい論文だと思いノミネートさせていただきました。選ばれて嬉しいです!ヘキサジンかわいい!⸜(*˙꒳˙*)⸝」とコメントしています。

ちなみに本家の“The molecule of the year”では、全フッ素化キュバンが1位に輝きました。ケムステでは、この分子を報告した研究者の方にスポットライトリサーチにてインタビューを行っています。

2022年 人気記事 Top 10

次は、2022年ケムステ人気記事 Top 10として、2022年に公開された記事の中からPV (ページビュー) 数の多かった記事をランキング形式で紹介しました。

著者: Zeoliniteからのコメント

毎年恒例の記事ですが、トップ10にランクインしました。正直、合併や買収以外で順位が大きく変動することはないので、ランキング自体は面白くありません。なのでランキングの発表というよりかは、各社の大きな動きを取り上げています。こちらにランクインしている企業で働く皆さんは、来年も同じか上の順位で発表されるよう日々のお仕事頑張ってください(笑)

9位:パラジウムの市場価格が過去最高値を更新。ケミストへの影響は? 11,254 PV
著者: DAICHANさんからのコメント

昨年は酢酸エチル不足の記事がトップ10にランクインしましたが、今年はさらに色々値上がりや不足の嵐で大変な一年でした。今のところ実験室レベルでのパラジウムの供給は大丈夫な印象ですが。他の試薬や溶媒の値上がりが著しくて教員はヒィヒィ言っております。

8位:機械学習は、論文の流行をとらえているだけかもしれない:鈴木ー宮浦カップリングでのケーススタディ 12,200 PV
著者: Zeoliniteからのコメント

どなたかのツイートを見てこちらの記事を書きました。機械学習で上手くいかなかったことについて論じた論文ということで、興味深い内容でした。グラフィカルアブストラクトもでかでかと「Failed」とスタンプが押されていて、パンチの効いたデザインになっており、注目を集めていると思います。

7位:ウクライナ危機で貴ガスの価格が高騰、半導体業界も緊張高まる 12,604 PV
著者: Zeoliniteからのコメント

戦争の影響を示す暗いニュースですが、化学ではあまり使わないネオン、クリプトン、キセノンの製造方法について勉強する機会になりました。

記事が公開されたのは3月ですが、残念ながら9か月たったいまでも戦争が終わっていません。一刻も早く平和な世界が訪れることを望みます。

6位:創薬におけるモダリティの意味と具体例 13,244 PV

著者: DAICHANさんからのコメント

「モダリティ」という言葉が実はあまり好きではないというか、ぽっと出の印象があって苦手なのですが、それでも「モダリティとはなんぞや?」と答えられるようになるため書いてみた記事です。ある著名な先生から記事についてのご講評をいただき、感慨深い思い出もあります。

5位:ピレスロイド系殺虫剤のはなし~追加トピック~ 13,782 PV

著者:さんからのコメント

生活に近い事象やものについて個人的に不思議だと思うことを掘り下げるタイプの記事を最近意識して書いていたのですが、この記事はその中でも発端と準備して集めていた資料がカチッとうまく合わさった感があり楽しんで書けました。引き続き精進いたします。

4位:【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない 14,336 PV

著者:やぶさんからのコメント

「原子の電子配置は化学の基礎でありながらややこしく、私自身も構成原理について初めて習ったとき、遷移金属周りの電子配置について混乱したことを覚えています。なので、この記事がたくさんの人に読んでいただいていると聞いて、うれしく思います。今後も学生の勉強を手助けする記事を書いていきたいと考えているので、来年もよろしくお願いします。」

3位:尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜 25,069 PV

著者: DAICHANさんからのコメント

どこかで紹介されたか分かりませんが一瞬だけめっちゃバズった記事です。私はまだ痛風にはなっていませんが、いくら尿酸の抗酸化作用が強いと行っても基準値以上に上げたいとは思いません。適度な尿酸値を保つことが大事ですね。年末のビールはほどほどに。

2位:ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】36,381 PV

著者:cosineさんからのコメント

年齢も経て昔ほどのペースではなかなか記事を執筆できてませんが、毎年恒例、ノーベル化学賞の執筆記事でまたもや効率良くランクインです。ブランドの力で恐縮です。今年は2年連続有機合成への授賞という、大方の予想を軽く超えていく選定でしたが、自分の研究分野とかなり近いこともありので、大変刺激的な出来事でした。新たなものづくりの世界を拓いてくれた成果を、皆で称えましょう!

1位:イグノーベル賞2022が発表:化学賞は無かったけどユニークな研究が盛りだくさん 38467 PV

著者: Zeoliniteからのコメント

今年のナンバーワン記事かつ本家ノーベル賞の記事よりも注目された結果になり驚いています。こちらは毎年取り上げている定番記事ですが、どんな研究が受賞したのか、いつも楽しみながらこの記事を書いています。今年のイグノーベル賞には化学賞が無かったので、来年こそは化学賞が登場することを期待します。

以上、ランキングとコメントをダイジェストでお送りしました。動画ではトップ10 全記事に対する山口代表からのコメントもありますので、ぜひご覧ください!!ちなみにトップ10発表後には、Chikako Shiratakiさんのおめでたい話と、Spectol21さんの重大発表、代表の爆弾発言がありました。

V年末ライブの後は、スタッフでV忘年会を実施しました!記事制作の裏話や業界、研究、進路の話を夜遅くまでしました。ケムステではスタッフを常時募集しておりますので今日のある方は、ぜひ【スタッフ募集のPR記事】をご覧の上お問い合わせください!

それでは、本年も Chem-Station をどうぞよろしくお願いいたします!

関連記事

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. マテリアルズ・インフォマティクスを実践するためのベイズ最適化入門…
  2. 「糖化学ノックイン」の世界をマンガ化して頂きました!
  3. 第3の生命鎖、糖鎖の意味を解明する!【ケムステ×Hey!Labo…
  4. 取り扱いやすく保存可能なオキシム試薬(O-ベンゼンスルホニルアセ…
  5. 東日本大震災から1年
  6. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  7. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう
  8. アルミニウムで水素分子を活性化する

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  2. 二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~
  3. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  4. 投手が使用するすべり止め剤の効果を初めて定量的に実証
  5. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangement
  6. 2/17(土)Zoom開催【Chem-Station代表 山口氏】×【旭化成(株)人事部 時丸氏】化学の未来を切り拓く 博士課程で広がる研究の世界(学生対象 ※卒業年度不問)
  7. 金属材料・セラミックス材料領域におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用
  8. 第21回次世代を担う有機化学シンポジウム
  9. 研究費総額100万円!30年後のミライをつくる若手研究者を募集します【academist】
  10. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン類の合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

GoodNotesに化学構造が書きやすいノートが新登場!その使用感はいかに?

みなさんは現在どのようなもので授業ノートを取っていますでしょうか。私が学生だったときには電子…

化学者のためのWordマクロ -Supporting Informationの作成作業効率化-

「化合物データの帰属チェックリスト、見やすいんですが、もっと使いやすくならないですか」ある日、ラ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP