[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

グレゴリー・フー Gregory C. Fu

 グレゴリー・C・フー(Gregory C. Fu、1964年xx月x日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:www.mit.edu)。カリフォルニア工科大学教授。

 経歴

1985 マサチューセッツ工科大学 卒業 (K.B.Sharpless教授)
1991 ハーバード大学 博士号取得 (David A. Evans教授)
1991 カリフォルニア工科大学 博士研究員 (R.H.Grubbs教授)
1993 マサチューセッツ工科大学 助教授
1998 マサチューセッツ工科大学 准教授
1999 マサチューセッツ工科大学 教授
2012 カリフォルニア工科大学教授

 

受賞歴

1998 アーサー・C・コープ スカラー賞
2000 Chan Memorial Award in Organic Chemistry
2001 Springer Award in Organometallic Chemistry
2005 Corey Award
2006 Mukaiyama Award
2007 三井触媒化学賞
2012 アメリカ化学会Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry

 

研究概要

面不斉を持つ不斉合成試薬の開発[1]

彼のグループによって開発された、フェロセン骨格にDMAPを縮合させた形のキラル求核触媒は、光学分割的アシル化、Staundingerケテン付加などを高いエナンチオ選択性にて進行させる。

gc_fu_2.gif

新規クロスカップリング反応の開発

Pd,Niを用いるクロスカップリング反応の拡張に成功している。通常不活性とされてきた塩化アリール、アルキルハライドなどを用いる条件などを多く開発している。幾つかの反応においては不斉触媒化も達成されている(例えば下図は不斉根岸カップリングの例[2])。

gc_fu_3.gif

コメント&その他

 

関連文献

  1.  Fu, G. C. Acc. Chem. Res. 2004, 37, 542. DOI: 10.1021/ar030051b
  2.  Arp, F. O.; Fu, G. C. J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 10482. DOI: 10.1021/ja053751f
  • Creutz, S. E.; Lotito, K. J.; Fu, G. C.; Peters, J. C. Science 2012338, 647.

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson
  2. エチオ・リザード Ezio Rizzardo
  3. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich
  4. 宮浦憲夫 Norio Miyaura
  5. 北原武 Takeshi Kitahara
  6. 浜地 格 Itaru Hamachi
  7. エリック・カレイラ Erick M. Carreira
  8. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 界面活性剤 / surface-active agent, surfactant
  2. シガトキシン /ciguatoxin
  3. ピンナ酸の不斉全合成
  4. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013
  5. ウェブサイトのリニューアル
  6. Amazonを上手く使って書籍代を節約する方法
  7. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis
  8. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑪:どっちもクリップの巻
  9. あなたの天秤、正確ですか?
  10. 低投資で効率的な英語学習~有用な教材は身近にある!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

ミュンスター大・Gloriusらは、可視光レドックス触媒を用いる位置選択的なC(sp3)-Hチオトリ…

日本薬学会第137年会  付設展示会ケムステキャンペーン

先日閉会した日本化学会年会。付設展示会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました(Pa…

元素名と中国語

Eineです。化学を学ぶ人間が最初に直面する課題、それは元素周期表の暗記です。高校化学過程では第1元…

「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より

「ケムステ海外研究記」の第11回目は、第10回目の赤松さんのご紹介で、名古屋大学大学院理学系研究科(…

ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

ロバート・R・ノールズ(Robert R. Knowles, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-…

超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー

大学生・高専生による自主研究の祭典、サイエンス・インカレの研究発表会に参加しました。発表会の様子と化…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP