[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ディーン・トースト F. Dean Toste

ディーン・トースト (F. Dean Toste、1971年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である。カリフォルニア大学バークリー校教授(写真:Toste Group HPより)。

経歴

1989-1993 トロント大学 卒業
1993-1995 トロント大学 修士号取得 (Ian W. J. Still教授)
1995-2000 スタンフォード大学 博士号取得 (Barry M. Trost教授)
2001-2002 カリフォルニア工科大学 博士研究員(Robert H. Grubbs教授)
2002-2006 カリフォルニア大学バークリー校 助教授
2006-2009 カリフォルニア大学バークリー校 准教授
2009-現在 カリフォルニア大学バークリー校 教授

2007年よりローレンス・バークリー国立研究所Faculty Scientistを兼任。

 

受賞歴

2015 American Chemical Society, Creativity in Synthetic Organic Chemistry Award 2014 Mitsui Catalysis Award
2014 Miller Professorship, UC Berkeley (2014)
2011 Society of Synthetic Organic Chemistry Japan, Mukaiyama Award
2011 Tetrahedron Young Investigator Award
2010 Fellow of the Royal Society of Chemistry
2010 Royal Society of Chemistry Merck Award
2009 Solvias Ligand Prize
2008  Thieme-IUPAC Prize
2008 American Chemical Society Elias J. Corey Award
2007 BASF Catalysis Award
2007 Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS) Award
2006 Novartis Young Investigator Award
2007 Novartis Chemistry Lectureship
2006 Roche Excellence in Chemistry Award
2006 American Chemical Society Cope Scholar Award
2006 Taiwan National Science Council Visiting Scholar
2005 AstraZeneca Excellence in Chemistry Award
2004 -2006 Chevron Chair, UC Berkeley
2005 Pfizer Research Laboratories Creativity in Organic Synthesis Award
2005 Amgen Young Investigator
2005 Japan Society for the Promotion of Science Fellowship
2005 Abbott Laboratories New Faculty Award
2005 Alfred P. Sloan Research Fellowship
2005 BMS Unrestricted Grant in Synthetic Organic Chemistry
2005 NSF CAREER Award
2004 GlaxoSmithKline Chemistry Scholar Award
2004 Eli Lilly Grantee Award
2004 Dupont Young Investigator Award
2003 Amgen New Faculty Award
2003 Boehringer-Ingelheim New Faculty Award
2002 Research Corporation, Research Innovation Award
2002 Camille and Henry Dreyfus New Faculty Award
2002 American Chemical Society Nobel Laureate Signature Award
1999 Roche Award for Excellence in Organic Chemistry
1996 Stanford University Fellow
1995 NSERC (Canada) Pre-Doctoral Fellow
1994 Ontario Graduate Fellow
1994 George F. Wright Award
1993 MV Redman Award
1993 Chemical Industry Merit Award

 

研究概要

均一系金触媒を用いる有機合成法の開拓特に金触媒に関して

研究初期は金触媒を用いた環化反応・それを用いた生物活性物質の合成が中心であった。例えば、2007年に複雑な縮環構造をもつアルカロイド(+)-フォーセチミンを独自に開発した金触媒を用いて、効率的に合成している(関連記事:(+)-フォーセチミンの全合成)。[1]

toste_fawcettimine_2

2007年に金属触媒のカウンターアニオンを不斉源とした金触媒環化反応を発表[2](関連記事:遷移金属の不斉触媒作用を強化するキラルカウンターイオン法)。

Counterion1

クラスターを用いた触媒反応の活性および選択性の向上

2015-08-28_18-37-17

 

金触媒の還元的脱離中間体の単離

 

2015-08-28_18-36-58

 

2015-08-28_18-36-19

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

  1. Linghu, X.; Kennedy-Smith, J. J.; Toste, F. D. Angew. Chem. Int. Ed. 200746, 7671. DOI:10.1002/anie.200702695
  2. Hamilton, G. L.; Kang, E. J.; Mba, M.; Toste, F. D. Science 2007317, 496. DOI:10.1126/science.1146922
  3. Shapiro, N. D.; Rauniyar, V.; Hamilton, G. L.; Wu, J.; Toste, F. D. Nature. 2011470, 245. DOI: 10.1038/nature09723
  4. Rauniyar, V.; Lackner, A. D.; Hamilton, G. L.; Toste, F. D. Science2011334, 1681. DOI: 10.1126/science.1213918
  5. Gross, E.; Liu, J.H-C.; Toste, F. D.; Somorjai, G.A. Nature Chem. 20124, 947.
  6. Anbarasan, P.; Baer, Z. C.; Sreekumar, S.; Gross, E.; Binder, J. B.; Blanch, H. W.; Clark, D. S.; Toste, F. D. Nature 2012491, 235.
  7. Wang, Z. J.; Clary, K. N.; Bergman, R. G.; Raymond, K. N.;Toste, F. D. Nature Chem.20135, 100.
  8. Wolf, W. J.; Winston, M. S.; Toste, F. D. Nature Chem. 20136, 159.
  9. Neel, A. J.; Milo, A.; Toste, F. D.; Sigman, M. S. Science 2015, 347, 737-743
  10. Wu, C.-Y.; Horibe, T.; Jacobsen, C. B.; Toste, F. D. Nature 2015, 517, 449-454

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  2. 天野 浩 Hiroshi Amano
  3. デービーメダル―受賞者一覧
  4. 小林 修 Shu Kobayashi
  5. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  6. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus
  7. グレゴリー・フー Gregory C. Fu
  8. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「大津会議」参加体験レポート
  2. 脳を透明化する手法をまとめてみた
  3. 低分子医薬に代わり抗体医薬がトップに?
  4. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  5. ブラックマネーに御用心
  6. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  7. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  8. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【終了】
  9. フリッツ・ボーグテル Fritz Vogtle
  10. B≡B Triple Bond

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP