[スポンサーリンク]

N

野崎・檜山・岸カップリング反応 Nozaki-Hiyama-Kishi (NHK) Coupling

ハロゲン化物、アルデヒド→アルコール

概要

アルケニルハライド・トリフラートとアルデヒド間のカップリング反応。、Ni(II)触媒およびCr(II)当量還元剤を用いる。不飽和アルデヒドの場合には1,2-付加が選択的に進む。

1977年に野崎・檜山らがCr(II)を当量用いる反応として報告した。1986年に岸および野崎らのグループがそれぞれ独立に、CrCl2中に混入している微量のNiが高活性・再現性に必須であることを突き止めた。

室温・中性という穏和な条件で進行し、官能基選択性も極めて高い。有毒なクロムを量論量必要とするが、複雑化合物に対しても適用可能である条件の穏和さゆえ、現在でもしばしば用いられる。

基本文献

  •  Okude, Y.; Hirano, S.; Hiyama, T.; Nozaki, H. J. Am. Chem. Soc. 1977, 99, 3179. DOI: 10.1021/ja00451a061
  • Jin, H.; Uenishi, J.; Christ, W. J.; Kishi, Y. J. Am. Chem. Soc. 1986, 108, 5644. DOI: 10.1021/ja00278a057
  • Takai, K.; Tagashira, M.; Kuroda, T.; Oshima, K.; Utimoto, K.; Nozaki, H. J. Am. Chem. Soc. 1986, 108, 6048. DOI: 10.1021/ja00279a068
  • Cintas, P. Synthesis 1992, 248.
  • Wessjohann, L. A.; Scheid, G. Synthesis 1999,.
  • Furstner, A. Chem Rev. 1999, 99, 991. DOI: 10.1021/cr9703360
  • Takai, K. Org. React. 2004, 64, 253.

 

反応機構

系内で還元されたニッケル(0)がアルケニルハライドに酸化的付加し、続いてクロム(III)へのトランスメタル化が起こる。アルデヒドと反応するのは、アルケニルクロム種であると考えられている。クロム求核種自体の反応性はそれほど高くないため、アルデヒド選択的に反応が進む。
nhk_2.gif

反応例

本反応の高い官能基選択性を巧みに利用したPalytoxin[1]、Halichondrin B[2]の全合成は、天然物合成化学における金字塔である。
nhk_4.gif
通常は有毒なクロム剤を過剰量用いる必要があり、これが最大のデメリットの一つである。Fürstnerらによって、共還元剤にMnを用い有毒なクロムを触媒量に減量できることが報告されている。 Crから生成物を解離させるため、添加剤としてTMSClを用いることがカギ。[3] nhk_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

※二価クロムは酸素に敏感であるため、不活性ガス雰囲気下で反応を行うこと。

 

参考文献

[1] Suh, E. M.; Kishi, Y. J. Am. Chem. Soc. 1994116, 11205. DOI: 10.1021/ja00103a065

[2] Kishi, Y. et al. J. Am. Chem. Soc. 1992114, 3162. DOI: 10.1021/ja00034a086

[3] Fürstner, A.; Shi, N. J. Am. Chem. Soc. 1996118, 12349. doi:10.1021/ja9625236

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemica…
  2. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesi…
  3. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  4. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein R…
  5. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydr…
  6. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  7. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric A…
  8. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allyla…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポール・アリヴィサトス A. Paul Alivisatos
  2. ケミカルバイオロジー chemical biology
  3. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  4. 無保護アミン類の直接的合成
  5. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  6. 無金属、温和な条件下で多置換ピリジンを構築する
  7. ニセ試薬のサプライチェーン
  8. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople
  9. 水素化ホウ素ナトリウムを使う超小型燃料電池を開発
  10. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjaszewski

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP