[スポンサーリンク]

ケムステニュース

つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏

[スポンサーリンク]

ジェイアール東日本企画が主催する「交通広告グランプリ2016」の受賞作品が25日発表され、グランプリにはグラクソ・スミスクラインの「ワキの多汗症は、お医者さんへ。」が選ばれた。このほか、「デジタルメディア」「車内ポスター」など5部門で最優秀部門賞が各1点、優秀作品賞が各5点とJR東日本賞1点の計32点が発表された。

グランプリのグラクソ・スミスクラインの広告は、薄着の季節の「ワキ汗」に悩む人を対象に、医療機関への受診を促すもの。手を上げる時に気になることから、つり革につかまる際に車内から見える「まど上」の枠に掲出した (AdverTimes 2016年7月26日)。

 

まず、こんなグランプリあるんですね。夏真っ盛りの季節には気になるワキ汗の悩みをコミカルに描いた作品が最優秀部門に選ばれています。グラクソ・スミスクラインは同じイラストを多用し「ワキ汗・ワキ多汗症情報サイト」を作成し、情報公開をしているようです。

 

グラクソ・スミスクラインのワキ汗情報サイト

グラクソ・スミスクラインのワキ汗情報サイト

 

サイトにわかりやすく掲載されていますが、折角なんで、ワキ汗のお薬について化学的に覗いてみましょう。

 

飲み薬:プロバンサイン

飲み薬で唯一多汗症用の薬として発売されているものは抗コリン薬である「プロバンサイン」(Pro-Banthine、一般名:プロパンテリン臭化物)というもの。グラクソ・スミスクラインでなく、ファイザー社製品です。アセチルコリン受容体にアセチルコリンが結合するのを阻害します。アセチルコリンのアセチル部分が大きくなっており、まさに阻害します!といった感じですね。

2016-07-26_20-49-38

 

塗り薬:塩化アルミニウム

知らなかった。塩化アルミニウムを塗っちゃうんだ!と大学で化学を学んだ人ならばみなびっくりすると思います。Friedel-Craftsアシル化反応を想像しちゃう。。とはいっても化学者のみなさんが、想像している塩化アルミニウムをゴリゴリって感じでなくて、希薄水溶液を塗るそうです。

正確には塩化アルミニウム水和物ですね。

高校だけで習った人のほうが意外としっくりくるかもしれません。オドレミンやテノール液と名前を変えて、薬局などで売っています。アマゾンでも売っていました。

2016-07-26_21-11-46

 

注射薬:ボツリヌス療法

ボツリヌス毒素製剤です。グラクソ・スミスクラインでは「ボトックス」という製品名で発売しているものですね。以前よりありましたが、2012年から多汗症用に使うことが承認されたようです。グラクソ・スミスクラインはこれを押したかったんですね。

2016-07-26_21-16-03

 

というわけで、ポスター通りワキ汗が気になる方は、お医者さんにいってみましょう。

 

関連商品

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 毒劇アップデート
  2. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  3. 塩野義 抗インフルエンザ薬製造・販売の承認を取得
  4. 化学に触れる学びのトレイン“愛称”募集
  5. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  6. 日本触媒で爆発事故
  7. 国公立大入試、2次試験の前期日程が実施 ~東京大学の化学の試験を…
  8. 日本化学会と日本化学工業協会に新会長就任

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpach Quinoline Synthesis
  2. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis
  3. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法
  4. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  5. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman
  6. Metal-Organic Frameworks: Applications in Separations and Catalysis
  7. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts Alkylation
  8. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  9. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibutyl-1,10-phenanthroline
  10. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP