[スポンサーリンク]

chemglossary

国連番号(UN番号)

[スポンサーリンク]

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品を運ぶために危険物を分類したものが国連番号(United Nations Number, UN No.)であり、その番号ごとに正しい容器や梱包方法が示されている。

国連番号とは

国連番号とは国連経済社会理事会に設置された危険物輸送専門家委員会の国際連合危険物輸送勧告の中で、輸送上の危険性や有害性がある化学物質に付与された番号である。下記の大きな分類番号があるが、一つ一つの国連番号は、制定された順に番号が付加されるため前後の番号と関連性がない。また、単一の化合物だけなく、爆弾(砲用完成弾:UN0006)やリチウムイオン電池(UN3480か3481)も分類されている。

  • 1:火薬類
  • 2:ガス
  • 3:引火性液体
  • 4:可燃性固体
  • 5:酸化性物質
  • 6:毒物及び伝染性病原体等
  • 7:放射性物質等
  • 8:腐食性物質等
  • 9:有害性物質

実際例

UN番号は、該当危険品のMSDSに記載されていることが多い。例えばn-ヘキサンは、UN1208に分類されていて、1L未満の輸送の場合、Y341という容器のルールで輸送しなくてはならない。Y341は、ガラス、プラスチック、陶器などの容器で外装は、ドラム缶やプラスチック容器で梱包しなくてはならない。また危険物のラベルは、「G」を張る必要がある。

このように有機溶媒一つとっても細かくルールが定められている。

積載禁止品と普通品

次にn-BuLi (1.6 M)だが、これはUN3394に分類されている。これは、旅客機(乗客も乗る飛行機)も旅客機以外の航空機(FedexDHLが独自に運用している飛行機)のどちらにも積載禁止であるため、飛行機では輸送できない。アルカリ金属懸濁物はUN1391は、旅客機には積載禁止であるが、旅客機以外の航空機には1L未満なら積載できる。液体の反応性が高い危険物は総じて、航空機に積載できない。n-BuLiが旅客機に積載されていたら落ち落ち機内食を食べていられないだろう。

また、MSDSでUN番号が非該当の化学品の場合危険物ではないので、普通の貨物として取り扱うことができる。しかし、UN番号と輸出入申告は別物なので、化合物と使用用途を正しく税関に申告する必要がある。

虚偽の申告事件

2000年3月には、北京発クアラルンプール行きの旅客機内で貨物室で腐食性の液体が流出し貨物室、配電盤、ランディングギアが腐食した。さらに、到着後の積み下ろし作業員五人もけがをした。航空会社はダメージを受けた航空機を修理しようとしたが、高額であったため廃棄した(A330-200の2016年のカタログ価格:2億3150万ドル)。原因は、当該化学物質の無申告且つ梱包不良による液漏れで、危険物でない固体の8-キノリノールと申告していたが、実際は腐食性の危険物、塩化オキサリルだった。

このように、正しく申告し適切な梱包を行わないと取り返しのつかないことになってしまう。

航空危険物規則書

危険物の航空輸送の詳しいルールが関われた本が航空危険物規則書であり、毎年更新されて出版されている。

実際に化学品を輸出する時

実際に、化学品を海外の共同研究先に輸送する場合には、まず運送会社(郵便局では危険物の国際輸送を行っていない)に相談することが必要である。その際に、MSDSの情報をもとに梱包方法などを相談し発送する。

関連書籍

関連リンク

  • 国連番号: wikipedia
  • 国連番号のリスト一覧と検索:UN番号の一覧と詳細規則が記載されている
  • IATA:国際航空運送協会、International Air Transport Associatioは貨物輸送を含めた航空にかかわる基準やルールを制定している業界団体で、航空危険物規則書の作成や危険物取扱認定セミナーを行っている。
Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. Z-スキームモデル Z-Scheme Model
  2. 導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気…
  3. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromato…
  4. A値(A value)
  5. 熱活性化遅延蛍光 Thermally Activated Del…
  6. 二光子吸収 two photon absorption
  7. 酵母還元 Reduction with Yeast
  8. ケージド化合物 caged compound

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授
  2. 金属原子のみでできたサンドイッチ
  3. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction
  4. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会
  5. カーボンナノリング合成に成功!
  6. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  7. 産業紙閲覧のすゝめ
  8. プロドラッグの話
  9. 自己紹介で差がつく3つのポイント
  10. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株) 石油化学/プラスチック業界向けウェビナー】 マイクロ波による新事業 石油化学・プラスチック業界のための脱炭素・電化ソリューション

<内容>本イベントでは、石油化学/プラスチック業界における脱炭素・電化の新たなソ…

素材・化学で「どう作るか」を高度化する共同研究拠点、産総研が3カ所で整備

産業技術総合研究所、材料・化学領域は、マテリアル・プロセスイノベーションプラットフォームの整備をスタ…

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP