[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

宮浦憲夫 Norio Miyaura

宮浦憲夫(みやうら のりお、19xx年xx月xx日-)は、日本の有機化学者である。北海道大学大学院工学系研究科 教授(写真:CSJ Award)。

経歴

1969 北海道大学工学部合成化学工学科 卒業
1971 北海道大学大学院 修士課程修了
1971 北海道大学工学部合成化学工学科 助手
1976 工学博士(北海道大学)
1981 米インデイアナ大学 博士研究員(J. K. Kochi教授)
1990 北海道大学工学部応用化学科 助教授
1994 北海道大学大学院工学研究科 教授

 

受賞歴

1995 日本化学会学術賞
2006 有機合成化学協会賞(学術的)
2007 日本化学会賞

 

研究概要

有機ホウ素化合物を用いるクロスカップリング反応の開発

鈴木-宮浦クロスカップリング反応と呼ばれており、日本人の名を冠する人名反応の中では世界で最も有名かつ広く用いられる反応となっている。

x-ene31.gif鈴木-宮浦クロスカップリング反応

 

ロジウム触媒による有機ホウ素化合物の共役付加反応の開発

キラルなリン配位子を共存させることで不斉化も可能。

organozinc_14_2.gif

芳香族化合物のホウ素化反応

炭素-ハロゲン結合もしくは炭素-水素結合を炭素-ホウ素結合へと変換しうる触媒系を開発。宮浦-石山ホウ素化反応という人名反応として知られている。

miyaura_boryl_2.gif

宮浦-石山ホウ素化反応

 

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

関連文献

[1] Miyaura, N.; Yamada, K.; Suzuki, A. Tetrahedron Lett. 1979, 3437.

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  2. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
  3. ザック・ボール Zachary T. Ball
  4. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhar…
  5. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  6. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  7. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  8. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement
  2. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation
  3. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  4. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授
  5. ニュースタッフ参加
  6. 科学予算はイギリスでも「仕分け対象」
  7. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法
  8. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士
  9. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル : 2-(Trimethylsilyl)phenyl Trifluoromethanesulfonate
  10. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!③

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP