[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

宮浦憲夫 Norio Miyaura

宮浦憲夫(みやうら のりお、19xx年xx月xx日-)は、日本の有機化学者である。北海道大学大学院工学系研究科 教授(写真:CSJ Award)。

経歴

1969 北海道大学工学部合成化学工学科 卒業
1971 北海道大学大学院 修士課程修了
1971 北海道大学工学部合成化学工学科 助手
1976 工学博士(北海道大学)
1981 米インデイアナ大学 博士研究員(J. K. Kochi教授)
1990 北海道大学工学部応用化学科 助教授
1994 北海道大学大学院工学研究科 教授

 

受賞歴

1995 日本化学会学術賞
2006 有機合成化学協会賞(学術的)
2007 日本化学会賞

 

研究概要

有機ホウ素化合物を用いるクロスカップリング反応の開発

鈴木-宮浦クロスカップリング反応と呼ばれており、日本人の名を冠する人名反応の中では世界で最も有名かつ広く用いられる反応となっている。

x-ene31.gif鈴木-宮浦クロスカップリング反応

 

ロジウム触媒による有機ホウ素化合物の共役付加反応の開発

キラルなリン配位子を共存させることで不斉化も可能。

organozinc_14_2.gif

芳香族化合物のホウ素化反応

炭素-ハロゲン結合もしくは炭素-水素結合を炭素-ホウ素結合へと変換しうる触媒系を開発。宮浦-石山ホウ素化反応という人名反応として知られている。

miyaura_boryl_2.gif

宮浦-石山ホウ素化反応

 

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

関連文献

[1] Miyaura, N.; Yamada, K.; Suzuki, A. Tetrahedron Lett. 1979, 3437.

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧
  2. アンソニー・スペック Anthony L. Spek
  3. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt II…
  4. ジョージ・チャーチ George M. Church
  5. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  6. Mukaiyama Award―受賞者一覧
  7. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  8. ジョン・フェン John B. Fenn

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者が麻薬を合成する?:Breaking Bad
  2. 電子デバイス製造技術 ーChemical Times特集より
  3. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (3) 完結編
  4. 「ラブ・ケミストリー」の著者にインタビューしました。
  5. 書物から学ぶ有機化学4
  6. ファイザー新社長にソーレン・セリンダー氏が就任
  7. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  8. ストックホルム市庁舎
  9. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授
  10. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-1

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP