Chem-Station

|Sponsored Advert|

H

アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne

アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
12月 27
09:50 2012
LINEで送る
Pocket

アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne 

概要

アルキンは適当なルイス酸触媒存在下に、水和反応を起こす。触媒金属としては特に多重結合と親和性の高い、水銀や貴金属が多用される傾向にある。ほとんどの場合、マルコフニコフ則に従う化学選択性にて化合物が得られる。

 

基本文献

  • Kutscheroff, M. Chem. Ber. 1881, 14, 1540.
  • Kutscheroff, M. Chem. Ber. 1884, 17, 13.
  • Thomas, R. J.; Campbell, K. N.; Hennion, G. F. J. Am. Chem. Soc. 1938, 60, 718. DOI: 10.1021/ja01270a061

<Review>

 

反応機構

hydration_alkyne_2.gif

反応例

カチオン性の金(I)-NHC触媒を用いる反応[1]。極めて活性が高く、ppmオーダーの触媒量でも反応は円滑に進行する。内部アルキンにも適用可能である。

hydration_alkyne_4.gif

重金属の使用を回避した水溶性コバルト触媒によるアルキン水和反応[2]。アセタール、シリルエーテル、トリチルエーテルの切断や、エステルの加水分解は進行せず、官能基受容性の高い条件である。

hydration_alkyne_3.gif

ある種のルテニウム(II)触媒を用いると、ルテニウム(IV)ビニリデン中間体を経由して、末端アルキンのanti-Markovnikov型水和反応が行える。以下は徳永・若槻らによる世界初の成功例[3]。

hydration_alkyne_5.gif

隣接基関与のある基質では、一般により穏和な条件下で水和が行える。以下は一例[4]。

hydration_alkyne_6.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Marion, N.; Ramon, R. S.; Nolan, S. P. J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 448. DOI: 10.1021/ja809403e
[2] Tachinami, T.; Nishimura, T.; Ushimaru, R.; Noyori, R.; Naka, H. J. Am. Chem. Soc. 2012, ASAP. DOI: 10.1021/ja310282t
[3] (a) Tokunaga, M.; Wakatsuki, Y. Angew. Chem. Int. Ed. 1998, 37, 2867.[abstract]
[4] Easton, N. R.; Cassady, D. R.; Dillard, R. D. J. Org. Chem. 1965, 30, 3084. DOI: 10.1021/jo01020a048

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事:以下の記事も読んでみてください

  • ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloadditionヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition アルキン、窒素化合物→ […]
  • 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine   概要 ヨウ素はハロゲン元素の中でも分極しやすく、電気陰性度が小さい。このため高い原子価状態を取る事ができる。 アピカル位の原子団が脱離するに伴い、安定なI価のヨウ素へと還元されるため、高い脱離能と酸化能を示す。 合成化学的に有用なIII価ヨウ素試薬 […]
  • 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction   概要 Pd(0)触媒存在下に、ハロゲン化アリール/アルケニルを末端オレフィンとクロスカップリングさせ、置換オレフィンを合成する反応。官能基選択性が優れており、収率も高い。 生成するオレフィンの位置異性化が起こらない系に対して特に有効である。基質にアリルア […]
  • ヘテロ ディールス・アルダー反応 Hetero Diels-Alder Reactionヘテロ ディールス・アルダー反応 Hetero Diels-Alder Reaction   概要 ヘテロ原子(O,N,S等)を含むジエンや求ジエン体のDiels-Alder反応は、特にヘテロDiels-Alder反応と呼ばれる。複素環化合物の立体選択的合成法として重宝される。 基本文献  Boger, D. L. […]
  • ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysisハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis   概要 アルケンをオゾンによって開裂させ、カルボニル化合物へと変換する方法。 ジクロロメタン、メタノールなどに溶解した基質に、酸素ガスの無声放電によって発生させたオゾンガスを吹き込むことによって反応を行う。プロトン性溶媒で行うと反応は加速される傾向にある。 […]
  • 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling ハロゲン化合物、有機金属化合物 → […]
  • ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadsworth-Emmons (HWE) Reactionホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadsworth-Emmons (HWE) Reaction   概要 ホスホン酸のイリドとアルデヒドが付加することにより、Wittig反応類似の機構を経てα、β-不飽和エステルが得られる。 基質はホスファイトとα-ハロエステルからMichaelis-Arbuzov反応によって合成できる。エステルの他に、ニトリル、アリ […]
  • 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation   概要 アルケン・アルキンの不均一系触媒による水素化。不均一系触媒条件では、水素圧・触媒・反応温度・溶媒などによって選択性が大きく異なる。水素はsyn付加する。 有機合成上よく用いられる触媒としては、ラネーニッケル、パラジウム-炭素(Pd/C)、アダムス触 […]
  • 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation 概要 アリルシランを用いるアリル化反応。アリルシランは、アリルスズよりも毒性が低く、アリルGrignardやアリルリチウム試薬に比べて安定な有用合成試薬である。 ルイス酸やフッ化物イオンなどがプロモータとしてよく用いられている。特に、ルイス酸による反応はアリルリチウムや […]
  • ヒドロメタル化 Hydrometalationヒドロメタル化 Hydrometalation   概要 アルケン/アルキンを基質とする場合には、合成化学的観点からはとりわけM = […]
LINEで送る
Pocket

About Author

cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

キャンペーン

PR