化学者のつぶやき

  1. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

    バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage C(sp3)-H活性化法をペプチド基質に用いることで、ステープルペプチドライブラリーを簡便に構築する手法を開発した。論文中ではアミノ酸適合性…

  2. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

    カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

  3. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

    カリフォルニア大学バークリー校・F. Dean TosteおよびChristopher J. Cha…

  4. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法

    ライス大学・Zachary T. Ballらは、Cu(II)を利用したアリール/アルケニルボロン酸と…

  5. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より

    「ケムステ海外研究記」の第12回目は、第10回目の赤松さんのご紹介で、物質材料研究機構(NIMS)の…

  6. 食品衛生関係 ーChemical Times特集より

  7. 貴金属に取って代わる半導体触媒

  8. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)

  9. 円偏光スピンLEDの創製

  10. ウコンの成分「クルクミン」自体に効果はない?

  11. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

  12. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering

  13. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

  14. 「野依フォーラム若手育成塾」とは!?

  15. アライン種の新しい発生法

  16. OMCOS19に参加しよう!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケイ素半導体加工に使えるイガイな接着剤
  2. 総合化学大手5社の前期、4社が経常減益
  3. 炭素ー炭素結合を切る触媒
  4. 「一家に1枚」ポスターの企画募集
  5. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)
  7. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis

注目情報

最新記事

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

PAGE TOP