化学者のつぶやき

  1. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

    NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データをまとめた論文です。今回は、筆者が把握しているNMRのケミカルシフトが掲載されている論文4報を紹介し比較していきます。 (さらに&h…

  2. bothの使い方

    形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

  3. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

    第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

  4. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

    生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

  5. 高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

    タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

  6. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  7. 免疫/アレルギーーChemical Times特集より

  8. 怒涛の編集長 壁村耐三 ~論文と漫画の共通項~

  9. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!

  10. テルペンを酸化的に”飾り付ける”

  11. カラムはオープン?フラッシュ?それとも??

  12. whileの使い方

  13. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向

  14. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌

  15. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える

  16. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  2. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―
  3. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明
  4. クラレ 新たに水溶性「ミントバール」
  5. 結晶構造に基づいた酵素機能の解明ーロバスタチン生合成に関わる還元酵素LovCー
  6. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  7. 『分子科学者がいどむ12の謎』

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP