Chem-Station (ケムステ)

|Sponsored Advert|

化学者のつぶやき

    メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

有機ホウ素化合物は、ホウ素置換部位を様々な官能基へと変換できるため、有機合成において中間体として利用できる重要な化合物群です。そこで、容易に有機ホウ素化合物を合成する手段として、C-H結合の活性化およびそれを利用した脱水

Read Full Article  16 views  |  2015.08.04
    スイスの博士課程ってどうなの?1〜ヨーロッパの博士課程を知る〜

スイスの博士課程ってどうなの?1〜ヨーロッパの博士課程を知る〜

  就活の時期ですね。私もM2のこの時期、面接に向けて大詰めを迎えていました。といっても渡しの場合はヨーロッパの博士課程の面接でした。ということで、現M2の学生さんには、え!?今更…という記事ですが、今回はヨー

Read Full Article  1,258 views  |  2015.08.03
    sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究

sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究

  近年、遷移金属触媒を用いたsp3炭素のクロスカップリング反応が急速に進展し、注目を集めています[1, 2]。例えば、ペンシルバニア大のMolanderらは、2014年にNi/photoredox触媒を用いた

Read Full Article  2,189 views  |  2015.07.31
    研究助成情報サイト:コラボリー/Grants

研究助成情報サイト:コラボリー/Grants

  研究者にとって、研究費の獲得は自分の研究を継続するために大変重要なお仕事です。大金持ちのパトロンに研究資金をいただいています!、という状況があれば話は別ですが、そんな話はあるわけがなく、毎年科研費や企業や財

Read Full Article  1,677 views  |  2015.07.29
    環歪みを細胞取り込みに活かす

環歪みを細胞取り込みに活かす

創薬研究やバイオプローブの開発において、しばしば問題になるのが分子の膜透過性。特にオリゴヌクレオチドやタンパク質などの大きな分子は膜透過効率が低く、医薬応用の大きな障害となります。今回は分子の性質をうまくつかって、その障

Read Full Article  2,420 views  |  2015.07.27
    炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 1

炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 1

Tshozoです。少し気になりましたので、炭素繊維のことを書こうと思います。なお記事タイトルの結論は「炭素繊維は特定の性能では優位に決まってる」のですが、それ以外にも考えるべきことがあるんじゃないか、という意味であるとご

Read Full Article  5,805 views  |  2015.07.24
    科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015

科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015

  今月8日にロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞の授賞式が行われました(トップ画像:日本ロレアル提供)。これまでもケムステでは、博士課程の女子学生に対する賞の先駆けたるものとして応援してきました。過去の記事

Read Full Article  3,693 views  |  2015.07.22
    【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』

【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』

  いつもChem-Stationをご覧頂き、誠に有り難うございます。 Chem-Stationも今年で15周年。このスタッフブログ「化学者のつぶやき」を中心に、ニュース、データベース(有機反応、用語、書籍、化

Read Full Article  1,853 views  |  2015.07.21
    光電変換機能を有するナノシートの合成

光電変換機能を有するナノシートの合成

  2010年ノーベル物理学賞を受賞した、炭素のみからなるシート状物質「グラフェン」。現在、新規ナノ材料として注目を集めています。 一方、ナノサイズのシート状物質はグラフェンだけではありません。例えば、金属と配

Read Full Article  3,811 views  |  2015.07.13
    カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する

カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する

  カルボン酸は天然物や医薬品に多く見られる骨格です。カルボン酸の触媒的直接官能基化は生物活性分子の迅速合成や構造多様性の導入などに大きな力を発揮すると期待できます。この度、東京大学の金井求教授、清水洋平助教ら

Read Full Article  4,269 views  |  2015.07.10
    Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる

Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる

  反応経路はどうなっているのだろうか?反応遷移状態の構造は?   有機化学者なら、誰しも気にするところです。以前は、分光学的手法などを用いた実験化学的手法により反応経路をサポートすることが一般的でし

Read Full Article  3,774 views  |  2015.07.09
    Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)

Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)

このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問題解決とその発想をクイズ形式で紹介してみたいと思います。 第7回は林・石川らによるタミフルの全合成が題材でした(問題はこちら)。今回はその解

Read Full Article  3,259 views  |  2015.07.08
    一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉

一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉

TBS, NHKと言えば? 6チャンネル(Tokyo Broadcasting System)と1チャンネル(Nihon Hoso Kyokai)の頭文字ですよね。 でも有機化学を専門とする方にはどちらかというと、ter

Read Full Article  6,801 views  |  2015.07.07
1 2 3 93

シグマアルドリッチジャパン

化学ブログ新着記事