Chem-Station (ケムステ)

|Sponsored Advert|

化学者のつぶやき

    創薬開発で使用される偏った有機反応

創薬開発で使用される偏った有機反応

日々有機反応の開発をしている皆さんの中には、自分の反応が産業界でいつの日か利用されることを期待している方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、 「創薬開発の現場でどのような反応が用いられているか?またなぜその反応

Read Full Article  987 views  |  2015.01.29
    若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!

若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!

  若手大学教員の皆様はいま卒論・修論・博論チェックに勤しんでいるのではないでしょうか。そんな皆様に朗報をいち早く紹介します。 ざっくりと話しますと、 「研究奨励金50万円に加えて新しい装置のモニターもできてし

Read Full Article  1,505 views  |  2015.01.29
    論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!

論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!

レオです。突然ですが、皆さんどのように文献管理をしていますか? 私は以前は、Web of ScienceやSciFinderといった学術文献データベースで論文を検索し、pdfデータをダウンロード、といった方法で論文を管理

Read Full Article  2,546 views  |  2015.01.28
    化学研究ライフハック :RSSリーダーで新着情報をチェック!2015年版

化学研究ライフハック :RSSリーダーで新着情報をチェック!2015年版

現代社会はインターネット全盛。個人が世界とつながり、やりとりする機会もごく普通のことになりました。まさに“一億総情報発信時代”と呼ぶにふさわしい様相です。 Web上の化学情報も、以前に比べて質・量

Read Full Article  2,102 views  |  2015.01.26
    ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]

ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]

Tshozoです。 先日、SAudi Basic Industry Corporation(以下SABIC:サウジ基礎産業公社 HPリンク)がテキサスに本社を持つMolecular Rebar Design 社(以下MR

Read Full Article  1,951 views  |  2015.01.23
    ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】

ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】

前回は作例①として、もっとも基本となる反応スキームの作図を説明しました。 今回はもう少し進んだ作図例として、以下のHeck反応の触媒サイクルを書いてみましょう。 ①触媒サイクルの基礎となる部分円矢印を書きます。 ここでは

Read Full Article  2,072 views  |  2015.01.21
    ChemDrawの使い方【作図編①:反応スキーム】

ChemDrawの使い方【作図編①:反応スキーム】

前回はChemDrawの紹介から始まり、メニューバーと基本機能について紹介しました。 続いて実際の描画を例に挙げ、機能の使い方を紹介していきたいと思います。Versionの違いによって若干の違いがありますが(筆者のはve

Read Full Article  2,329 views  |  2015.01.20
    ChemDrawの使い方 【基本機能編】

ChemDrawの使い方 【基本機能編】

言わずと知れた構造式作画ソフトChemDraw (現在はChemBioDrawと名を変えています)。 化学者にとって無くてはならないソフトの一つながら、機能を充分に使えている人は、少ないんではないでしょうか?筆者もそんな

Read Full Article  3,082 views  |  2015.01.20
    官能基化オレフィンのクロスカップリング

官能基化オレフィンのクロスカップリング

はじめまして、bonaです。今回がはじめての執筆となりますが、面白い化学の話題、とりわけフレッシュな注目研究を紹介していきたいと思います。 さて、早速ですが、ご存知のように分子を構成する炭素骨格をつなぐ「炭素ー炭素結合反

Read Full Article  3,176 views  |  2015.01.19
    複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により明らかに!

複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により明らかに!

インドールアルカロイドの一種であるCommunesinは、7つの環、2つのaminal様構造、5または6つの不斉点をもつ、非常に複雑な骨格を有しています。当然のごとく、多くの合成化学者を引きつけており、これまでにQin[

Read Full Article  2,361 views  |  2015.01.16
    卒論・修論にむけて〜わかりやすく伝わる文章を書こう!〜

卒論・修論にむけて〜わかりやすく伝わる文章を書こう!〜

レオです。最近は期末報告会やら、海外の学会で発表やらでなかなか記事を書く機会がありませんでした。発表?もちろんダメダメでした(汗) そんなこんなでついに卒論や修論の時期ですね。特に学部生にとって卒論は大学4年間の集大成で

Read Full Article  4,844 views  |  2015.01.13
    ADC薬 応用編:捨てられたきた天然物は宝の山?・タンパクも有機化学の領域に!

ADC薬 応用編:捨てられたきた天然物は宝の山?・タンパクも有機化学の領域に!

以下の4つの視点から、2回に分けてADC薬について紹介しています。 創薬上の歴史的背景という側面 創薬化学の視点小分子と抗体薬とADCの比較 これまで見捨てられてきた天然物の有効利用という視点 知財・CMCの視点 前回の

Read Full Article  2,726 views  |  2015.01.13
    アルミに関する一騒動 ~約20年前の出来事~

アルミに関する一騒動 ~約20年前の出来事~

【注:日本アルミニウム協会殿の再三の主張により、下記の学説の大半は確証に乏しいとされており、筆者もその主張に沿っております つまり99%の認知症案件はアルミニウムとは無関係と考えておりますが、残り1%未満の案件については

Read Full Article  4,073 views  |  2015.01.09
    ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較

ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較

  既にケムステでは2回武装抗体(ADC:antibody-drug conjugate)について速報記事(1回目、2回目)が掲載されています。 今回はこれまでと異なる以下の4つの視点からADC薬を取り上げてみ

Read Full Article  3,000 views  |  2015.01.08
    18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~

18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~

Tshozoです。①の続き、さっそく行きます。 読んでるだけで体が痒くなりそうなトコジラミの生態と外観は①でよくお分かりになったと思います。ちなみに猫とか犬とかのペットにも寄ってきます。あとカメムシの仲間なんで潰すと臭い

Read Full Article  1,612 views  |  2015.01.07
    被引用回数の多い科学論文top100

被引用回数の多い科学論文top100

科学者ならば論文を投稿する際に、雑誌のIF(Impact Factor)を少なからず気にしまよね。 IFのいい雑誌に論文を掲載する事と同様に、掲載後の重要な指標となるものが、被引用回数という指標。IFと同じく様々な場面で

Read Full Article  3,270 views  |  2015.01.07
    18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて①~

18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて①~

Tshozoです。 タイトルからわかるとおり、今回の案件は体が痒くなりそうです。 以下、ゾワゾワ来る画像を列挙しますので閲覧ご注意願います。一部の方には是非見て頂きたいです。 下の写真に写るキモイ虫は旧称南京虫、日本名「

Read Full Article  1,993 views  |  2015.01.06
    それは夢から始まったーベンゼンの構造提唱から150年

それは夢から始まったーベンゼンの構造提唱から150年

皆様明けましておめでとうございます!2015年もよろしくお願い申し上げます。 さて、皆様はどんな初夢を見ましたでしょうか? ケムステ読者の方なら皆さんご存じの通り(?)、今年はケクレ(Friedrich August K

Read Full Article  3,040 views  |  2015.01.05
    「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか

「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか

前回の記事では、脳/神経科学研究の進展に革命的な寄与を果たした技術「オプトジェネティクス」について簡単に紹介しました。 今回はこの革命的技術がいかにして開発されたか?というお話を紹介したいと思います。   異分

Read Full Article  2,641 views  |  2015.01.05
    2014年ケムステ記事ランキング

2014年ケムステ記事ランキング

あと3日で2014年も終わり。新年を迎えようとしています。あなたの2014年はどうであったでしょうか。 個人的には最も論文を書くことができた良い年でした。来年面白い論文が出そうなので乞うご期待。招待講演以外極力外出しなく

Read Full Article  2,626 views  |  2014.12.28
1 2 3 55

シグマアルドリッチジャパン

化学ブログ新着記事