[スポンサーリンク]

一般的な話題

ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?

少し前の話題ですが、あまり取り上げられてないようなんでご紹介します。

研究に関わったことがあれば名を知らぬ者はいない、世界最高峰たるジャーナル・Nature
「一生に一度は自分の名前を載せたい」と誰もが掲載目標に据える雑誌の一つです。

しかしそんなことに一生懸命な研究者をすっとばし、なんとゲームで遊んでいただけの輩がNatureに載ってしまったという、前代未聞の事態が起きてしまいました。


こんな異例な事態が見られたのはこの論文(Nature 2010, 466, 756.)。

著者欄を見ると、おお確かに、最後になんか見慣れない感じのが・・・!

foldit_1.gifここに書かれているFold It! というのが、オンラインゲーム(ネトゲ)の名前です。なんでネトゲで遊んでるだけでにこんなことになってしまうのだオイ!?

foldit

・・・ここまで読まれた方はうすうす勘づいているでしょう。もちろん最大の理由は、Fold It!がそんじょそこらのゲームとは全く違う、ということにあります。

実はこれ、「タンパク質の折りたたみ構造をパズル形式で解かせる」という研究用マルチプレイヤーゲームなんですね。「ゲームでタンパク質の構造解析をする」というニュースで先立って話題となっていました。

タンパク質の構造を解く過程では、しらみ潰しな論理的アルゴリズムに頼ることが多くあります。しかしそれだけでは時間がかかりすぎてしまう。そのため「人間の直感」をうまく取り入れてショートカットすることが、現実的に必要となってきます。

そのためのインターフェースとして、オンラインゲームが選ばれた、というわけです。

そして驚くべきことに、この戦略は期待以上の結果をもたらしました。

Fold It!のトッププレイヤーともなれば、コンピュータよりもずっと早く折りたたみ構造を解いてしまう。そんなプレイヤーたちが協力しあうことで、思いもつかない戦略が生みだされ、みるみるうちに正しい構造へと近づいていく・・・こういうことも珍しくないのだそうです。そしてこの人間的過程は、コンピュータのアルゴリズムの効率化へと反映されてもいくそうです。

皆が寄ってたかってFold It!で遊ぶことが、タンパク質の折りたたみ構造の解析に貢献した。それは機械の手で成しえる以上の、まさに「人間的な貢献」そのものだった。

―「Fold It! Players」がNatureの論文著者に記載された事由は、どうやらこういうところにあるようです。

いやはや面白い話ですね。流石に世界最高のジャーナルともなれば、遊び心を理解する懐も深い。

ところで気になったのですがこの論文、いったい何人の人がPublication Listに書けるのでしょう?

自分も一度ぐらいは遊んでおくべきでしたなぁ・・・(笑)

関連動画

関連リンク

Fold It beta

この論文の詳細に立ち入ることは、専門から外れてしまうので筆者の手には負えません。
下に取り上げた解説はどれも分かりやすいので、理解の助けにしていただければ幸いです。

Foldit: タンパク質フォールディングを実感できるゲーム

「Foldit」がNature論文に!(その1)

タンパク質パズルで医療に貢献、米大学がゲーム開発(ITMediaNewsa)

Citizen science: People power (Nature News)

タンパク質の形状シュミレーションをゲームに「Foldit」 (DesignWorks)
The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す
  2. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  3. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?
  4. ハリーポッターが参考文献に登場する化学論文
  5. 銀イオンクロマトグラフィー
  6. 無金属、温和な条件下で多置換ピリジンを構築する
  7. 「野依フォーラム若手育成塾」とは!?
  8. 水が促進するエポキシド開環カスケード

コメント

  1. "自分も一度ぐらいは遊んでおくべきでしたなぁ・・・(笑)"わしもw

  2. これは全く知らなかった。へぇー

  3. human computingがここまできてるんだなぁ。

  4. 非常に面白いアイデア。

  5. 物質の構造をパズルゲーにしてしまうと言う発想が良い。ゲームとしてデザインした人も凄い。 / 是非とも「ゲーム脳」でお馴染み森昭雄センセイのお話を伺いたいw

  6. 人力フォールディング!?

  7. 遊んで楽しいゲームにデザインできたのがすごい。/GalaxyZoo http://www.galaxyzoo.org/ もゲーム化してくれないかなー

  8. >「タンパク質の折りたたみ構造をパズル形式で解かせる」という研究用マルチプレイヤーゲーム

  9. これ意外と面白かったんだよな

  10. すげぇw分子構造ネタのオンラインゲームなんてあるんだw

  11. 人間の並列化すげええええ

  12. 自分にとっては色々と示唆にとんだ内容。

  13. なる。

  14. アル・ユネスコ女性科学者 日本

  15. 人間的な貢献ってとこがステキ//ネイチャー、ゲーマーともにカッケー

  16. ナムコの昔のゲーム「フォゾン」をやってただけではダメかな?

  17. これも一種のMechanical Turkか。

  18. これはすごい

  19. こんなのあったのか

  20. &Hatena users となる日も近い? 「ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!? – 化学者のつぶやき -Chem-Station-」

  21. タンパク質の構造解析をするゲーム

  22. ゲームするだけで研究の助けになるなんて!

  23. 「タンパク質の折りたたみ構造をパズル形式で解かせる」という研究用マルチプレイヤーゲーム・Fold It! 。“皆が寄ってたかってFold It!で遊ぶことが、タンパク質の折りたたみ構造の解析に貢献”し論文化。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!
  2. リンダウ島インセルホール
  3. 大学院生のつぶやき:第5回HOPEミーティングに参加してきました
  4. トラウベ プリン合成 Traube Purin Synthesis
  5. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある
  6. イベルメクチン /Ivermectin
  7. 化学企業のグローバル・トップ50
  8. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  9. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  10. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP