化学者のつぶやき化学英語・日常英語

  1. whileの使い方

    接続詞「while*」には2種類の意味がありますので、誤解を避けるために注意が必要です。「while」が接続詞として用いられる場合は、「同時性」もしくは「対照性・対立」を表します。文章の内容によっていずれの意味で使われているかが明ら…

  2. comparing with (to)の使い方

    副詞の役割を果たす「comparing with (to)」もよく誤って用いられる語です。以下にその…

  3. as well asの使い方

    「as well as 」は日本人学者が英語論文を書く際に最もよく誤用される表現の1つです。…

  4. 英会話とプログラミングの話

    私は業務の関係上、有機化学者でありながらプログラミングも行う必要があります。プログラミングは研究所に…

  5. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)

    英語が苦手な研究者(30代)が、英語をマスターできるかやってみる企画物の5年目です。さて英語はマスタ…

  6. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉

  7. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(4年目)

  8. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~

  9. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific Editing

  10. edXで京都大学の無料講義配信が始まる!

  11. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)

  12. 英語発表に”慣れる”工夫を―『ハイブリッド型報告会』のススメ

  13. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?

  14. Skype英会話の勧め

  15. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(2年目)

  16. アメリカ化学留学 ”実践編 ー英会話の勉強ー”!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フェネストレンの新規合成法
  2. ホウ素は求電子剤?求核剤?
  3. メソポーラスシリカ(2)
  4. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー雑記編
  5. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis
  6. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  7. 集積型金属錯体

注目情報

最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

PAGE TOP