[スポンサーリンク]

F

フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement

 

概要

1,1′-ジアリール-2-ブロモエチレンからBuLiによってα脱離が起こり、カルベン転位を経てアルキンが生成する反応。

 

基本文献

 

反応機構

FBW_rearr_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet C…
  2. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting …
  3. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reacti…
  4. パーコウ反応 Perkow Reaction
  5. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  6. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allyla…
  7. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  8. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Steve…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. プラテンシマイシン /platensimycin
  2. カプロラクタム (caprolactam)
  3. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功
  4. バートン・ザード ピロール合成 Barton-Zard Pyrrole Synthesis
  5. ギー・ベルトラン Guy Bertrand
  6. 黒田 玲子 Reiko Kuroda
  7. コケに注目!:薬や香料や食品としても
  8. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  9. 支局長からの手紙:科学と感受性 /京都
  10. マイクロ波とイオン性液体で単層グラフェン大量迅速合成

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP