[スポンサーリンク]

F

フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement

 

概要

1,1′-ジアリール-2-ブロモエチレンからBuLiによってα脱離が起こり、カルベン転位を経てアルキンが生成する反応。

 

基本文献

 

反応機構

FBW_rearr_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenat…
  2. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Sy…
  3. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reacti…
  4. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Al…
  5. N-オキシドの合成 Synthesis of N-oxide
  6. ギース ラジカル付加 Giese Radical Additio…
  7. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthe…
  8. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピセン:Picene
  2. カゴ型シルセスキオキサン「ヤヌスキューブ」の合成と構造決定
  3. ドライアイスに御用心
  4. 天然の保護基!
  5. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体
  6. ブラッテラキノン /blattellaquinone
  7. メタンハイドレートの化学 ~その2~
  8. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始
  9. 【書籍】英文ライティングの基本原則をおさらい:『The Element of Style』
  10. 2009年10大化学ニュース【Part2】

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

名古屋市科学館で化学してみた

寒い毎日が続いていますね。仕事に恋愛に忙しい(ようでありたい)この季節、化学徒の皆様はいかがお過ごし…

START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会

いまや学生の皆さんは就職活動真っ盛りの時期ではないでしょうか。博士課程や奨学生制度に申し込んだ方は既…

ベン・デイヴィス Ben G. Davis

ベンジャミン・ガイ・デイヴィス(Benjamin Guy Davis, 1970年8月8日-)は、イ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP