プロセス化学

  1. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?

    望みの有機化合物が欲しい場合、普通は有機合成(Organic Synthesis)によって供給します。特に医薬品や高機能材料などに求められる複雑化合物を得る目的には、現状ほぼ唯一の手段とされています。しかし最近になって「全く新しいも…

  2. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる

    内容世界を代表する合成医薬品の構造とその合成経路を探ることで、薬らしい構造とはどのような…

  3. 医薬品のプロセス化学

    概要原薬の工業生産を検討するプロセス化学について、初心者を対象にやさしく紹介。プロセ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method
  2. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva
  3. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reaction
  4. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  5. スルホン系保護基 Sulfonyl Protective Group
  6. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断
  7. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn

注目情報

最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

PAGE TOP