[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

化学小説まとめ

化学が主題となる小説は世の中にあまり多くありません。ケムステでは数少ない「化学(科学)小説家」として活躍している、喜多喜久氏の著書を紹介してきました。その記事のまとめです。喜多氏の全著書と、その他の化学関連小説も紹介しています。

 

喜多喜久氏の著書に関する記事

 

喜多喜久氏の著書

 

その他化学関連小説

化学系大学院生が主人公。専門分野は創薬化学。亡き父の残したメッセージに従いGPCRの作動薬創薬に取り組む。

 

主人公は高校化学部部長。実験中に発生した事故をきっかけに空気より軽く、ダイヤモンドより硬い新素材を発見。

 

著者のアイザック・アシモフは生化学者であり、大学で准教授として研究もしていたことから、化学系の描写が多く出現する。

 

めちゃめちゃ古いが、題名のとおり化学小説。アニリンの工業化までを描く。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. インフルエンザ治療薬と記事まとめ
  2. 「文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり」シリーズ
  3. 有機合成テクニック集[ケムステ版]
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ
  5. ノーベル化学賞まとめ
  6. 化学業界と就職活動
  7. 化学研究特化型アプリまとめ
  8. 生合成研究の記事まとめ

コメント

  1. 化学小説まとめ | Chem-Station (ケムステ): 化学が主題となる小説は世の中にあまり多くありません。ケムステでは数少ない「化学(科学)小説家」として..

  2. 桐島教授の続編出てたのか

  3. 化学小説まとめ

  4. されど罪人は竜と踊るは?

  5. 映画化された「火星の人」も、水や酸素の確保に化学的なプロセスをけっこう使ってる

  6. 古典だけどハル・クレメント『窒素固定世界』とか。ヴォネガット『猫のゆりかご』あたりも化学ネタと言えば化学ネタかな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 進化する電子顕微鏡(TEM)
  2. 「2010年トップ3を目指す」万有製薬平手社長
  3. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・前編]
  4. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ
  5. 近況報告PartIV
  6. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発
  7. シス型 ゲラニルゲラニル二リン酸?
  8. 最も引用された論文
  9. 深海の美しい怪物、魚竜
  10. スイスの博士課程ってどうなの?1〜ヨーロッパの博士課程を知る〜

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP