[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

光照射による有機酸/塩基の発生法:②光塩基発生剤について

[スポンサーリンク]

【本記事は、糖化学ノックイン領域において実施している領域内総説抄録会の過去資料をブログ記事に転記し、一般向けに公開しているものです】

「光照射による有機酸/塩基の発生法」について、前回記事①からの続きです。

“Recent Advances and Challenges in the Design of Organic Photoacid and Photobase Generators for Polymerizations”
Zivic, N.; Kuroishi, P. K.; Dumur, F.; Gigmes, D.*; Dove, A. P.*; Sardon, H.* Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58, 10410. doi:10.1002/anie.201810118

【概要】 光照射に応答して任意のタイミングで系内に酸や塩基を生成する光酸(photoacid)・ 光塩基(photobase)は、精密な成型を必要とする重合反応に主に利用され、電子・光学・医用材料を作製する3D微細加工技術などに応用されている。 このような光重合技術はラジカル反応が主流だったが、この10年程で酸・塩基の化学も発展している。 それらに関する最近の総説を概観し、重合以外の反応への応用について可能性を考察する。

3. 光塩基発生剤(photobase generator (PBG))

1990年にPBGの概念が出始めてから、光解離性のカーバメートやO-アシルオキシムなど様々なものが開発されてきた。これらは架橋剤として利用されていたが、後に塩基触媒としても利用されるようになった。空気中で安定、金属と反応しない、などの特徴から、金属を含む基質にも利用でき、自動車や電子材料の塗装などに応用されている。PBGは光酸発生剤(PAG)に比べて開発が遅れており、また初期のPBGのほとんどが塩基性の低い第一級・第二級アミンを生成するもので効率が悪かったが、最近の 10 年程で状況はかなり改善され、アミジン・グアニジン・ホスファゼン・カルベンを生成するPBGが開発されている。

3. 1. 塩

1998年から2000年代前半にかけて様々な第四級アンモニウム塩が開発された。主に、発色団が連結されており、光照射によるC–N結合のホモリティック開裂を経てアミンを生成する。これらの化合物は第三級アミンを生成する PBG の最初の例である。しかし、有機溶媒への溶解度や熱安定性に問題がある。また、光分解性能がアミンの構造に依存するため、汎用性に欠ける。

これらの問題を解決するために、脱プロトン化を利用した方法が開発されている。 これにより ε-カプロラクトンの光開環重合が初めて達成された。 また、チオールクリック反応を利用して様々な重合反応に利用されている(RSC Adv. 2016, 6, 32098)。この手法は、アミン以外にもホスファゼンやカルベンに利用でき、 PBG の汎用性を拡張した。 BPh4は量子収率が低く、吸収波長が短いが、チオキサントンを増感剤にすると可視光領域を含む350 nm以上の光で活性化できる。

脱炭酸を利用したPBGも開発されており、これは発色団の設計が容易で光化学特性を調節しやすい特徴がある。

3. 2. カーバメート

アミンにカーバメート基を介して光解離性保護基(photolabile protecting group, PPG) が結合したPBGは、脱炭酸により第一級・第二級アミンを生成する。 これらは元々、光硬化性樹脂の架橋剤として利用されていたが、光照射に加えて加熱も必要だった。生成するアミンを触媒的に利用できれば必要な光・熱エネルギーをともに削減できるが、 第一級・第二級アミンでは塩基性が弱いことがその障害になっていた。これに対して、1,1,3,3-テトラメチルグアニジン(TMG)を生成するPBGが開発された。第一級・第二級アミンよりも高活性で、光パターン形成の時空間制御に適している。このPPGは365 nmで量子収率が高いが、可視光での活性化が現在の課題である。

3.3. その他

トランスo-クマリン酸を利用したPBGは気体(CO2)を副生しないため、泡や亀裂を防ぐことができる。また、カーバメートとカルボキシレート塩を組み合わせた二官能性PBGも開発されており、単一光子で2つの塩基を生成できるため、感光性物質に応用できる。また。塩基としてカルバニオンを生成するものもある。これはビラジカル性があり、ラジカル重合の開始剤にもなる。

以上のように、PAGとは対照的に、PBGの開発では非イオンよりもイオンが好まれる傾向にある。これは、単純な酸・塩基反応を利用しているため様々な塩基を導入しやすく、光化学特性は独立に調節できるためである。とはいえ、高性能な非イオンPBGも開発されつつある。

4. 結論・将来展望

近年、有機合成分野を含め光化学反応の発展は目覚ましい。1970 年代・1990年代からそれぞれ研究されてきたPAG・ PBGはこれらの化学にさらに新しい特徴を与えると考えられる。また既に述べた通り、PAG(イオンから非イオンに推移)とPBG(イオンが好まれる)にはそれぞれ異なる研究展開があったことも興味深い。

重合分野においては、 PAG・PBGの発展でラジカル重合とは異なる種類の重合反応に展開できた一方、光ラジカル開始剤に匹敵する性能はまだない。例えば、化学安定性・熱安定性の改善、可視光での性能向上には課題が残っている。また、反応機構を含めた深い理解も今後の高効率PAG・PBGの開発につながるだろう。

さらに、二光子吸収による重合反応を利用した3D作製技術は、100 nm以下のスケールで複雑加工を可能にするが、PAG・PBGではまだ例が少ない。二光子励起 PAG・PBG の開発は今後の重要課題である。

【前回記事①はこちら】

関連リンク

 

 

糖化学ノックイン

糖化学ノックイン

投稿者の記事一覧

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)「糖化学ノックイン」の広報アカウントです。生体分子現象の一つ「糖タンパク質の膜動態」にフォーカスし、生命系を理解し制御するための新たな反応化学技術「ケミカルノックイン」の確立を目指しています。
領域ホームページ:https://glycan-chemical-knockin.com/

関連記事

  1. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す
  2. 元素川柳コンテスト募集中!
  3. MEDCHEM NEWSと提携しました
  4. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への…
  5. カガクをつなげるインターネット:サイエンスアゴラ2017
  6. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側
  7. 2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会…
  8. リアルタイムで分子の自己組織化を観察・操作することに成功

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis
  2. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis
  3. 有機・無機材料の相転移ダイナミクス:数理から未来のマテリアル開発まで
  4. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  5. 話題のAlphaFold2を使ってみた
  6. ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!
  7. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す
  8. 有機合成化学協会誌2021年5月号:『有機合成のブレークスルー』合成反応の選択性制御によるブレークスルー
  9. Qi-Lin Zhou 周其林
  10. マイクロ波による事業創出やケミカルリサイクルについて/マイクロ波化学(株)9月度ウェビナー

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハッ…

伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

(さらに…)…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:②合成蛍光色素

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP