[スポンサーリンク]

ケムステニュース

小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新

 小林製薬は訪日外国人に人気がある医薬品を拡充する。4月に消炎鎮痛剤「アンメルツ」でシリーズ最高級品を発売するほか、液体ばんそうこう「サカムケア」には靴擦れ予防用を追加する。いずれも中国人客が訪日時に買うことが多い「神薬」とも呼ばれており、商品刷新でさらなる売り上げ拡大を目指す。

アンメルツシリーズの新商品「アンメルツNEO」は血行促進成分を3種類配合している。本体の長さを伸ばして背中にも届きやすくした。「サカムケア靴ずれ傷ガード」は、かかとにも塗りやすくなっている(引用:日本経済新聞 2016年1月29日)。

いつも画期的な商品名で、もはや大きな製薬会社よりも有名な小林製薬。実際に「製薬」しているわけではなく、既存の材料を混ぜているだけなのにこれだけ知名度があるのは商品開発の賜物でしょう。見習いたいものです。

ただ、色々気になったので記事にしてみました。まずは「新薬」ってなんだそれ?ってところから。

 

12種類の神薬

昨年10月に中国ウェブサイトで爆買い対象の薬として話題になった薬らしいです。12種類の”神薬”が上げられていて、小林製薬はなんと5種類もランクイン。確かに日本でも有名なものばかりです。

wst1507300003-p1

(出典:産経West)

せっかくなので、来春から新しい製品が投入される小林製薬の”神薬”、「アンメルツヨコヨコ」、「サカムケア」ついて化学的に少し紹介しましょう。

 

ロングセラー商品ーアンメルツ

今年で50周年を迎える消炎鎮痛剤「アンメルツ」。知らない人はいないというぐらいに知名度が高い商品です。歴史は他のウェブサイトにお任せするとして、化学者でも知らない(調べたこと無い)アンメルツの成分についてちょっと覗いて見たいと思います。小林製薬のウェブサイトからアンメルツの一商品「ニューアンメルツヨコヨコA」の成分表を見てみました。下の表になります。

ニューアンメルツヨコヨコAの成分

ニューアンメルツヨコヨコAの成分

 

化学者の皆様、すぐに構造式がでてきますか?サリチル酸やメントール、マレイン酸、ニコチン酸ベンジルエステルあたりは化学を学んでいる方ならならば、かけてほしいものです。では成分の構造式はこちら。

2016-01-30_08-51-50

 

サリチル酸グリコールは、サリチル酸の誘導体で類似品には必ずはいっている鎮痛、消炎剤。メントールは爽快な臭いと清涼感の成分ですね。クロルフェニラミン マレイン酸塩は抗ヒスタミン薬、ニコチン酸ベンジルエステルは吸収促進剤であり、ノナン酸バニリルアミドは血行促進成分といわれています。ノナン酸バニリルアミドは唐辛子辛味成分カプサイシンによく構造が似ていますね。

 

ニューとかゴールドExとか何が違うの?

アンメルツには色々姉妹製品があり、通常のアンメルツヨコヨコに加えて、上述したニューアンメルツヨコヨコA、アンメルツゴールドExなどが発売されています。なんとなく色と名前的にアンメルツヨコヨコ<ニューアンメルツヨコヨコA<アンメルツゴールドExの順番で良さそうな気がしますが、一体何が違うのでしょうか?

成分を覗いてみました。一言でいうと、鎮痛、消炎剤の中身が異なります。アンメルツヨコヨコはサリチル酸メチル、ニューアンメルツヨコヨコAはサリチル酸グリコールです。同じサリチル酸誘導体なので、結局はサリチル酸を放出するため同じように思えますが、おそらく少し効率がよいのでしょう。一方で、アンメルツゴールドExではサリチル酸誘導体ではなく「フェルビナク」という化合物です。サリチル酸誘導体に比べてちょっぴり効果が強いと思ってくれれば良いと思います。そのためか、以前はフェルビナクは医療用医薬品として病院だけで詳報できる薬でした。現在では、薬局でも購入することが可能となっています。

 

2016-01-31_22-54-23

 

ちなみに、「アンメルツヨコヨコ」の”ヨコヨコ”ってボトルの形が塗りやすい横になっているのでヨコヨコだって知っていましたか?さらに、最近アンメルツゴールドExグリグリという商品が出ていて(2012年発売)、なんとこれは塗布部のローラーにステンレス製の鉄球を採用しているとのこと。さすが小林製薬、気になるけどわかると直感的に理解できる恐るべしネーミングセンス。

 

2016-01-30_09-00-53

 

液体の絆創膏ーサカムケア

さて、もう一個の神薬、サカムケアも成分表を見てみました。それが下の表。

2016-01-30_09-02-08

え、これだけ??と思われた方も多いでしょう。また、化学者の皆様ならば「ピロキシリン」ってなに?と思われた方も多いでしょう。筆者はなにかのアルカロイドを想像しましたが、調べてみると非常に簡単、そして構造式はこちら。

Unknown

そう、高校化学でも習うニトロセルロース(セルロース硝酸エステル)なんですね。糖のヒドロキシ基が2箇所硝酸エステルに変わったものがピロキシリンらしいです。化学者なのに知らなかった。勉強になりました。

 

というわけで、化学のウェブサイトだけに成分をのぞいてみましたが、化学者といえども身近に売られているものでも知らないものいっぱいあると思いませんか?知ってどうなるという声も聞こえてきそうですが、構造式をみて理解できるのが化学者の強みです。自分の身近な分子を探してみてはいかがでしょうか。

 

関連商品

 

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  2. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  3. 第46回藤原賞、岡本佳男氏と大隅良典氏に
  4. プラスチックを簡単に分解する方法の開発
  5. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  6. 「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善…
  7. 秋の褒章2013-化学
  8. 「石油化学」の新ネーミング募集!

コメント

    • 荒木 潤
    • 2016年 6月 04日

    ケムステーションは以前から拝見していていろいろ情報源としてお世話になっておりました。ですので、ご意見申し上げたいと思います。
     
    化学構造から考えたらピロキシリンの類縁物質としてあげられるのはニトロセルロースではなくてセルロース硝酸エステルではないでしょうか。ニトロセルロースというのは慣用名であり、導入されている官能基もニトロ基ではありません。
    慣用名を絶対的に禁ずるわけではありませんが、ケムステは化学者のサイトと信じておりますので、より正しい用語を使用して頂ければ幸いに存じます。

    • webmaster
      • webmaster
      • 2016年 6月 04日

      ご連絡ありがとうございます。
      仰るとおりですね。修正しておきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  2. 【追悼企画】化学と生物で活躍できる化学者ーCarlos Barbas教授
  3. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  4. 気になるあの会社~東京エレクトロン~
  5. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine
  6. ボロールで水素を活性化
  7. 化学系面白サイトでちょっと一息つきましょう
  8. 生理活性物質? 生物活性物質?
  9. タンパク質立体構造をPDBjViewerで表示しよう
  10. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangement

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン

配位子「アザホスファトリプチセン」を2つもつ白金錯体を合成した。この白金錯体の光と熱による「シス−ト…

Glenn Gould と錠剤群

Tshozoです。突然ですがこの動画をご覧ください。元々は" the CBC show, "…

合同資源上瀑工場

千葉県大多喜町にある相生工業(株)(現(株)合同資源)のヨウ素製造拠点で、反応設備兼沈降設備であるド…

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP