[スポンサーリンク]

B

ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group

アルコール → エーテル

概要

ベンジル保護基(Bn)は酸性条件、塩基性条件に対して安定な、汎用性の高い保護基である。

・ブレンステッド酸存在下、BnOC(=NH)CCl3を用いると塩基性条件下不安定な化合物でもBnエーテルを得ることができる。

・脱保護は還元条件(H2-Pd/C、Na/NH3(l)、電解還元など)で行うのが一般的である。RuCl3/NaIO4酸化→OH-条件に伏したり、Me2BBrなどの「Lewis酸+求核剤」条件でも脱保護できる。

基本文献

 

反応機構

1.保護
Williamsonエーテル合成と同様の機構で進行する。
PG_Bn_2.gif
2.脱保護(還元条件)

  • 反応例

保護・脱保護の典型例[1]:丈夫なため合成の初期段階で導入されることが多い。
oh-obn8.gif
O-Bn共存下におけるN-Bn基の選択的脱保護[2] PG_Bn_4.gif
Dudley試薬によるベンジル化[3]:試薬は安定で取り扱い容易であり、中性条件で反応が進行する。
PG_Bn_5.gif

実験手順

・NaH存在下、DMF中にてBnClやBnBrを作用させることによって高収率で保護体を得ることができる。

Bu4NI(TBAI)やNaIを触媒量加えておくと、保護反応が加速される (BnClやBnBrが系中で高反応性のBnIに変換されるため)。

 

実験のコツ・テクニック

※ ベンジルブロミドは催涙性物質なので、ドラフト中で取り扱うことが望ましい。
※ クエンチ時に水を加えるのではなく、炭酸カリウム-メタノールを加えてしばらく攪拌すると、催涙性のベンジルブロミドがうまくつぶれてくれる。抽出作業など、その後の扱いが簡潔になるのでオススメ。

 

参考文献

[1] Oguri, H.; Hishiyama, S.; Oishi, T.; Hirama, M. Synlett 1995, 1252. DOI: 10.1055/s-1995-5259
[2] Kroutil, J.; Tmka, T.; Cemy, M. Synthesis 2004, 446. DOI: 10.1055/s-2004-815937
[3] (a) Poon, K. W. C.; Dudley, G. B. J. Org. Chem. 200671, 3923. DOI: 10.1021/jo0602773
(b) Poon, K. W. C.; House, S. E.; Dudley, G. B. Synlett 2005, 3142. DOI: 10.1055/s-2005-921898

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. スナップ試薬 SnAP Reagent
  2. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane R…
  3. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…
  4. アシル系保護基 Acyl Protective Group
  5. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoer…
  6. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activa…
  7. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefinatio…
  8. ピナコールカップリング Pinacol Coupling

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  2. 114番元素と116番元素の名称が間もなく決定!
  3. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  4. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応
  5. 無保護アミン類の直接的合成
  6. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reaction
  7. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬
  8. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  9. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請
  10. 脱離反応 Elimination Reaction

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP