[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

アンドレアス・ファルツ(Andreas Pfaltz、1948年5月10日-、スイス/バーゼル生)は、スイスの有機化学者である。Ir-PHOX系触媒によるアルキル置換オレフィン類の高エナンチオ選択的水素添加反応の開発で有名。バーゼル大学化学科教授

経歴

1972 ETH Zurich卒業
1978 ETH Zurich博士課程修了(A. Eschenmoser教授)
1978-1979 Columbia大学博士研究員(G. Stork教授)
1980-1986 ETH Zurich 研究員
1987-1990 ETH Zurich 講師
1990-1993 Basel大学准教授
1993-1995 Basel大学教授
1995-1998 Max-Planck-Institut für Kohlenforschung director, head of catalysis
1998-2015 Basel大学教授

2015-          Basel大学名誉教授

受賞歴

2012 President of the Bürgenstock conference
2011 Yamada-Koga Prize
2011 Heilbronner-Hückel Lecturer, Swiss Chemical Society and German Chemical Society
2008 Ryoji Noyori Prize
2003 Prelog Medal of the ETH Züric
2003 Pracejus Prize of the German Chemical Society
2002 Wilhelm Manchot Research Professorship, TU München
1989 Werner Prize of the Swiss Chemical Society

 

研究業績

Semicorrin型のリガンドの開発と不斉反応への応用。

Phoxリガンドの開発とそれらを用いた不斉反応への応用。とりわけ、Iridium-PHOX系による不斉還元反応は配位可能なヘテロ原子を有しない二重結合においても、高エナンチオ選択的、高収率で進行する。

関連文献

  1. Helmchen.G.; Pfaltz, A. Acc. Chem. Res. 2000, 33, 336. DOI: 10.1021/ar9900865
  2. Woodmansee, D. H.; Pfaltz, A. Chem. Commun. 2011, 47, 7912. DOI: 10.1039/C1CC11430A

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.

Gakushi

スイスでPh.Dの学生をしています。ハンドルネームはGakushiですが、修士号を持っています。博士号をとって、Hakaseになる予定です(なりたいです)。

関連記事

  1. キース・ファニュー Keith Fagnou
  2. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  3. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧
  4. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt II…
  5. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  6. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  7. エリック・ベッツィグ Eric Betzig
  8. 紫綬褒章化学者一覧 Medal with Purple Ribb…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  2. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  3. 高分子と低分子の間にある壁 1:分子量分布
  4. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  5. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  6. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  7. 富士写、化学材料を事業化
  8. 米ファイザー、コレステロール薬の開発中止
  9. 含ケイ素三重結合化合物(Si≡Mo、Si≡C)
  10. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

研究者版マイナンバー「ORCID」を取得しよう!

最近のJ. Am. Chem. Soc.誌を眺めてみると、下図のようなマークが著者名に付くことが増え…

マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判定

マレーシア警察は24日に発表したプレース・リリースによれば、予備検査で金正男氏殺害事件に用れた猛毒の…

第10回日本化学連合シンポジウム 化学コミュニケーション賞2016 表彰式

3月10日に化学会館で日本化学連合が主宰する化学コミュニケーション2016賞授賞式と「化学でできる創…

材料適合性 Material compatibility

材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

アルゼンチン キプロス

化学地球儀としてはかなり大雑把なくくりでのご紹介となっていますが、この二国の共通項が直ぐお分りになり…

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP