[スポンサーリンク]

ケムステニュース

有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望

英オックスフォード大学などの調査団は、アフリカのタンザニアにある東アフリカ地溝で「世界級」のヘリウムガス田が見つかったと発表した。専門家は、世界的な供給不足に陥っていた状況がこれで一変するかもしれないと指摘している。

空気より軽いヘリウムガスは、風船によく使われるほか、磁気共鳴画像装置(MRI)や原子力発電などにも利用される。しかしここ数年は供給が不足し、東京ディズニーランドがヘリウム風船の販売中止に追い込まれたこともあった。

タンザニアのヘリウム田は、英オックスフォード大学とダラム大学の研究チームがノルウェーのヘリウム開発会社ヘリウム・ワンと組んで実施した探査で発見した。

火山活動に伴う高熱のために太古の地中深い岩盤からヘリウムが放出され、より浅い場所に閉じ込められているという。

(中略)

ダラム大学のディビーナ・ダナバラン氏は「古代の地殻と現代の火山の間でヘリウムの放出と火山による希釈が『ちょうどいい』バランスを保っている場所を見つける作業を進めている」と説明。日本で今月開かれるゴールドシュミット地球化学国際会議でこの発表を行う。

ヘリウムの埋蔵量は、1カ所だけでも約540億立方フィート(約15億立方メートル)に達する可能性がある。これはMRIで約120万台分に相当する。

(後略)

CNN 2016.6.29より

最近はあまり耳にしなくなりましたが、以前よりヘリウムの需給バランスが危ないという話題をお伝えしてきました(こちらこちら)。ヘリウムは空気中に無尽蔵とも言えるくらい存在はするのですが、いかんせん空気からの製造ではコストがかかります。というわけで、地中から(比較的)高濃度でヘリウムが湧いてくる場所から採取してくる必要があります。軽いし、化学反応の結果生成することもありませんので、なかなかそんな都合のいい採掘場所は見つかりません。

現在は米国、カタール、アルジェリア、英国、ロシアの6ヵ国しか採取できないレアガスとなっています。今回の発見で供給量が増えるといいですね。

発表場所が日本で行われている国際会議、その名もゴールドシュミット地球化学国際会議2016とは。正直そのような学会があることを存じませんでした。パシフィコ横浜で2016年6月26日から7月1日までの開催です。会議の要旨によると、最高濃度が10.6%にも達するとのことで、期待していいのでしょうか。発表者の中に企業関係者もいるようなので、ポジショントークでないことを祈ります。しかも、発見場所がアフリカというのがちょっと気がかりですね・・・

参考文献

Danabalan, D.; Gluyasu, J. G.; Macpherson, C. G.; Abraham-James, T.H.; Bluett, J. J.; Barry, P. H.; Ballentine, C. J. Goldschmidt Conference Abstracts 595 (2016).

関連書籍

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。
ペリプラノン

最新記事 by ペリプラノン (全て見る)

関連記事

  1. 有機溶媒吸収し数百倍に 新素材のゲル、九大が開発
  2. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  3. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始
  4. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  5. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  6. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  7. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製
  8. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある

コメント

  1. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望 | Chem-Station (ケムステ): 英オックスフォード大学などの調査団は、アフリカのタンザニアにある東アフリカ地溝で「世界..

  2. 木星に行かなくても大丈夫?

  3. 窒素・アルゴンで間に合うような技術改革しろよ。。

  4. へー。

    • cr
    • 2016年 7月 11日

    空気中に無尽蔵との記述がありますが、窒素と混同してませんか? ヘリウムは軽すぎて宇宙に逃げてしまうため、大気中にはほとんど無い(0.0005%、vol%でしたっけ?)ですよね。
    地球上の大気の質量を5000兆トン、大気の平均分子量を28.8、ヘリウムの原子量を4.0、大気中におけるヘリウムの割合を0.0005vol%とすると、3.472億トン(194.432億m^3)となります(計算の簡便化のため標準状態とする)。
    一方、経産省HPによると、「米国地質調査所によれば、世界のヘリウム生産量は1.74億m3(2012年実績)」とのことです。http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2014fy/E003867.pdf
    大気中にあるヘリウムは地下資源として算出されるヘリウムの111年分ということになります。
    また、本記事で見つかったとされているヘリウムガス田の推定埋蔵量が15億m^3、先の米国地質調査書による可採埋蔵量が75億m^3、ベース埋蔵量が490億m^3ですので、むしろ大気中のヘリウムよりも地下資源としてのヘリウムの方が多いと考えられ、これを無尽蔵というのは言い過ぎな気がします。

    • ペリプラノン
      • ペリプラノン
      • 2016年 7月 11日

      ご指摘ありがとうございます。また、詳細な計算をしていただきありがとうございます。
      確かに無尽蔵は言い過ぎですね。ただ、その辺は言葉のあやとお受け止めいただければ幸いです。
      地殻を探索するよりも、全世界が繋がっている空を見上げてヘリウムを取る方が簡単かなと思った次第です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  2. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%引き
  3. 近況報告PartII
  4. ビオチン標識 biotin label
  5. 細胞表面受容体の機能解析の新手法
  6. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始
  7. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナトリウム水和物 : Sodium Tetrakis[3,5-bis(trifluoromethyl)phenyl]borate Hydrate
  8. Essential Reagents for Organic Synthesis
  9. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  10. 学部生にオススメ:「CSJ カレントレビュー」で最新研究をチェック!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

第98回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学の宮田潔志さん(日本学術振興会海外特別研究員)にお…

二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

内容2004年にブレークしたグラフェンは,電子材料はじめさまざまな応用が期待される新素材の担…

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP