[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis

 

概要

イサチンおよびカルボニル化合物を原料として塩基性条件下、キノリン誘導体を合成する手法。安定性に欠けるo-アミノベンズアルデヒドを用いるFriedländer法を改良したもの。

 

基本文献

  • Pfitzinger, W. J. Prakt. Chem. 1886, 33, 100.
  • Pfitzinger, W. J. Prakt. Chem. 1888, 38, 582.
  • Manske, R. H. Chem. Rev. 1942, 30, 113. DOI: 10.1021/cr60095a006
  • Bergstrom, F. W. Chem. Rev. 1944, 35, 77. DOI: 10.1021/cr60111a001

 

反応機構

pfitzinger_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

Isatin (Wikipedia)
Pfitzinger
Reaction
(Wikipedia)

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Me…
  2. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …
  3. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction
  4. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosu…
  5. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement
  6. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromati…
  7. ネバー転位 Neber Rearrangement
  8. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. (+)-マンザミンAの全合成
  2. ポリ乳酸 Polylactic Acid
  3. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  4. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  5. 理系のための口頭発表術
  6. 出発原料から学ぶ「Design and Strategy in Organic Synthesis」
  7. Macユーザーに朗報!ChemDrawとWordが相互貼付可能に!
  8. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!
  9. ナノ孔に吸い込まれていく分子の様子をスナップショット撮影!
  10. 消せるボールペンのひみつ ~30年の苦闘~

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP