[スポンサーリンク]

F

フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis

 

概要

2-アミノベンズアルデヒドとケトンを縮合させてキノリン誘導体を合成する手法。

 

基本文献

  •  Friedlander, P. Ber. 1882, 15, 2572.
  •  Friedlander, P.; Gohring, C. F. Ber. 188316, 1833.
  • Manske, R. H. Chem. Rev. 1942, 30, 113. DOI: 10.1021/cr60095a006
  • Bergstrom, F. W. Chem. Rev. 1944, 35, 77. DOI: 10.1021/cr60111a001
  •  Cheng, C. C.; Yan, S. J. Org. React. 198228, 37. doi: 10.1002/0471264180.or028.02
  • Marco-Contelles, J.; Prez-Mayoral, W.; Samadi, A.; Carreiras, M. C.; Soriano, E. Chem. Rev. 2009, 109, 2652. DOI: 10.1021/cr800482c

 

反応機構

friedlander_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosyla…
  2. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process fo…
  3. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidati…
  4. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction
  5. コープ脱離 Cope Elimination
  6. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Tri…
  7. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidaz…
  8. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann React…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tetrabutylammonium Difluorotriphenylsilicate
  2. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
  3. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  4. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る
  5. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  6. 芳香族求核置換反応 Nucleophilic Aromatic Substitution
  7. みんな大好きBRAINIAC
  8. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?
  9. 「サイエンスアワードエレクトロケミストリー賞」が気になったので調べてみた
  10. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylation

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!

まだまだ続くよニホニウムフィーバー!ということで、色々な書籍などは巷にあふれてますね。先日当…

高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポット形成

第92回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所触媒化学融合研究センターケイ素化学チーム(島田…

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP