[スポンサーリンク]

C

コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis

 

概要

アニリンおよび1,3-ジケトンからキノリン誘導体を得る手法。

基本文献

  • Combes, A. Bull. Soc. Chim. France 188849, 89.
  • Bergstrom, F. W. Chem. Rev. 1944, 35, 77. doi:10.1021/cr60111a001

 

反応機構

combes_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. モッシャー法 Mosher Method
  2. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  3. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  4. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  5. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  6. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitah…
  7. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation
  8. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. グレッグ・バーダイン Gregory L. Verdine
  2. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis
  3. 冬虫夏草由来の画期的新薬がこん平さんを救う?ーFTY720
  4. ケムステイブニングミキサー2016を終えて
  5. 組曲『ノーベル化学賞』
  6. リチャード・シュロック Richard R.Schrock
  7. 米国ACSジャーナル・冊子体廃止へ
  8. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  9. 有機溶媒吸収し数百倍に 新素材のゲル、九大が開発
  10. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー3

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP