光化学

  1. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

    「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所・ミュンヘン大学(Ferenc Krausz研)博士研究員・森本 裕也さんにお願いしました。森本さんは現在、ドイツに研究滞在されており、我々…

  2. Z-スキームモデル Z-Scheme Model

    植物は、可視光からエネルギーを得て強力な酸化還元反応を体内で駆動させている。すなわち、酸化側では水か…

  3. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

    カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

  4. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation

    ある化合物Qが、化合物Aにおける励起状態の濃度依存的消光剤となる(AからQへエネルギー移動が起きる)…

  5. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製

    第64回のスポットライトリサーチは、長崎大学大学院工学研究科(馬越研究室)の堀内新之介 助教にお願い…

  6. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

  7. がん細胞をマルチカラーに光らせる

  8. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明

  9. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性

  10. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる

  11. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授

  12. 分子光化学の原理

  13. 一重項分裂 singlet fission

  14. 二光子吸収 two photon absorption

  15. 目が見えるようになる薬

スポンサー

ピックアップ記事

  1. “関節技”でグリコシル化を極める!
  2. 私がケムステスタッフになったワケ(3)
  3. 不活性アルケンの分子間[2+2]環化付加反応
  4. エーザイ、抗体医薬の米社を390億円で買収完了
  5. 大学院講義 有機化学
  6. 夢の筒状分子 カーボンナノチューブ
  7. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製

注目情報

最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

PAGE TOP