[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者である。ノースカロライナ大学チャペルヒル校 准教授。(引用:Alexanian Lab)

経歴

2001 ボストンカレッジ 卒業 (Amir H. Hoveyda教授)
2006 プリンストン大学 博士号取得 (Eric J. Sorensen教授)
2006-2008 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 博士研究員 (John F. Hartwig教授)
2008-2014 ノースカロライナ大学チャペルヒル校 助教授
2014-現在 ノースカロライナ大学チャペルヒル校 准教授

受賞歴

2011 Thieme Chemistry Journal Award
2011-2016 NSF Career award

研究概要

実用的なC-H変換法の開発

光照射で簡便に行えるC-Hクロロ化・ブロモ化・ザンチル化試薬[1]の開発に成功している。

関連文献

  1. (a) Schmidt, V. A.; Quinn, R. K.; Brusoe, A. T.; Alexanian, E. J. J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 14389. DOI: 10.1021/ja508469u (b) Quinn, R. K.; Könst, Z. A.; Michalak, S. E.; Schmidt, Y.; Szklarski, A. R.; Flores, A. R.; Nam, S.; Horne, D. A.; Vanderwal, C. D.; Alexanian, E. J. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 696. DOI: 10.1021/jacs.5b12308 (c) Czaplyski, W. L.; Na, C. G.; Alexanian, E. J. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 13854-13857. DOI: 10.1021/jacs.6b09414

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold
  2. リチャード・シュロック Richard R. Schrock
  3. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  4. 岩村 秀 Hiizu Iwamura
  5. 紫綬褒章化学者一覧 Medal with Purple Ribb…
  6. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  7. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingol…
  8. シューミン・リー Shu-Ming Li

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 外国人研究者あるある
  2. Ns基とNos基とDNs基
  3. 祝100周年!ー同位体ー
  4. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会
  5. 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局
  6. ムスカリン muscarine
  7. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific Editing
  8. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  9. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授
  10. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP