[スポンサーリンク]

L

ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction

 

概要

ギ酸を還元剤とする、アミンとカルボニル化合物を用いる還元的アミノ化反応。カルボニル化合物としてホルムアルデヒドを用いるアミンのメチル化反応は特にEschweiler-Clarke反応と呼ばれる。

 

基本文献

  • Leuckart, R. Ber. 1885, 18, 2341.
  • Wallach, O. Ann. 1892, 272, 99.
  • Moore, M. L. Org. React. 1949, 5, 301
  • Lukasiewicz, A. Tetrahedron 1963, 19, 1789. doi:10.1016/S0040-4020(01)99253-1

 

反応機構

leuckart_wallach_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…
  2. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…
  3. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical O…
  4. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric A…
  5. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Eva…
  6. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefinatio…
  7. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxi…
  8. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟
  2. 最長のヘリセンをつくった
  3. ジョン・スティル John K. Stille
  4. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウムに続く「連勝」狙う
  5. サリドマイド、がん治療薬に
  6. 秋山・寺田触媒 Akiyama-Terada Catalyst
  7. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride
  8. もっとも単純な触媒「プロリン」
  9. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangement
  10. 化学エンターテイメント小説第2弾!『猫色ケミストリー』 

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP