[スポンサーリンク]

A

アシル系保護基 Acyl Protective Group

 

概要

多段階合成において、アルコールは様々な試薬から保護しておく必要がある。アシル系保護基は一般に酸性条件・酸化条件に強い保護基として知られている。還元条件(DIBAL、LAH etc.)・塩基性条件(NaOH、K2CO3/MeOH etc.)などで脱保護される。

以下の3つが代表的。特にピバロイル基は立体的にすいているアルコールの選択的保護にも用いることができる。

PG_acyl_2.gif

アミンもアミドとして保護することが可能であるが、一般に脱保護条件(強酸or強塩基+加熱)が厳しい。トリフルオロアセチル基など外れやすいものを除けば、カルバメート系保護基に比べて、用いられる機会は少ない。

基質に複数のヒドロキシル基が存在するときは、アシル転移(acyl migration)が起こる可能があるため、注意が必要。

 

基本文献

 

反応機構

塩基としてはピリジン系のものを用いることが多い。系中で活性なアシルピリジニウム種が出るため効果的。

特に、4-ジメチルアミノピリジン(DMAP)を求核触媒として用いれば、(無水酢酸を用いる場合)反応はおよそ1万倍ほど加速される。このため低反応性アルコールでも効率的に保護できる(参照:Angew. Chem., Int. Ed. Engl. 1978,
17, 522
.)。
PG_acyl_3.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  2. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  3. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  4. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …
  5. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quin…
  6. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  7. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furst…
  8. メーヤワイン・ポンドルフ・ヴァーレイ還元 Meerwein-Po…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光学活性有機ホウ素化合物のカップリング反応
  2. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  3. ゾウががんになりにくい本当の理由
  4. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発
  5. 物凄く狭い場所での化学
  6. 【書籍】理系のための口頭発表術
  7. クロスカップリングの研究年表
  8. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応
  9. 一流科学者たちの経済的出自とその考察
  10. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

フェルナンド・アルベリシオ(Fernando Albericio、19xx年x月x日-)は、スペイン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP