化学者のつぶやき

  1. もっとも単純な触媒「プロリン」

    プロリン(proline)という化合物があります。タンパク質などを構成する 天然型α-アミノ酸20種類のうち唯一の環状イミノ酸で、下のようにごく単純な構造をしています。 生物をちょっとでも学んだ方ならご存じであろう有名な分子…

  2. 本当の天然物はどれ?

    今回は天然物合成の分野から、なかなか複雑なケースが報告されていたため紹介します。なにが複雑かというと…

  3. ノルゾアンタミンの全合成

    今回は天然物合成の分野から、北大の宮下・谷野先生らによるノルゾアンタミンの全合成…

  4. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

    スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2004年のノーベル化学賞をイスラエル工科大学のアーロン・チェ…

  5. 生合成を模倣した有機合成

    天然には複雑でかつ興味深い生物活性を有する化合物が多数存在する。しかし、天然から採取できるサンプルは…

  6. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  7. ハメット則

  8. 有機の王冠

  9. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

  10. 1,2-還元と1,4-還元

  11. 学会風景2001

  12. 香りの化学2

  13. 香りの化学1

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学 美しい原理と恵み (サイエンス・パレット)
  2. フロー法で医薬品を精密合成
  3. ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe
  4. 「肥満症」薬を国内投入、エーザイや武田
  5. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  6. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  7. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発

注目情報

最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

PAGE TOP