chemglossary

  1. 銀イオンクロマトグラフィー

    以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作による違いがメインでしたが、今回はシリカゲルの性質を変化させることについてご紹介致します。カラムに利用する際には担時したものをシリカに用い…

  2. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

     化合物の構造にこだわった合成ではなく、その機能の再現を最重要ポイントと据えた合成法のことを、機能指…

  3. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

    非リボソームペプチド(non-ribosomal peptide, NRP)とは、微生物の二次代謝産…

  4. GRE Chemistry

    GRE Chemistry は米国の大学院の出願の際に必要になるテストである。大学学部相当の化学に関…

  5. Z-スキームモデル Z-Scheme Model

    植物は、可視光からエネルギーを得て強力な酸化還元反応を体内で駆動させている。すなわち、酸化側では水か…

  6. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

  7. 極性表面積 polar surface area

  8. ステープルペプチド Stapled Peptide

  9. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  10. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation

  11. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

  12. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

  13. 材料適合性 Material compatibility

  14. Imaging MS イメージングマス

  15. 秘密保持契約(NDA)

  16. A値(A value)

スポンサー

注目情報

ピックアップ記事

  1. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン
  2. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  3. H-1B ビザの取得が難しくなる!?
  4. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamme Allene Synthesis
  5. 化学工場で膀胱がん、20人に…労災認定議論へ
  6. 創薬化学―有機合成からのアプローチ
  7. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

PAGE TOP