chemglossary

  1. GRE Chemistry

    GRE Chemistry は米国の大学院の出願の際に必要になるテストである。大学学部相当の化学に関する専門知識を広く問われる。試験の形式試験の大まかな概要は以下の通り。 試験問題は英語で書かれている 約 130 問…

  2. Z-スキームモデル Z-Scheme Model

    植物は、可視光からエネルギーを得て強力な酸化還元反応を体内で駆動させている。すなわち、酸化側では水か…

  3. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

    並行人工膜透過性アッセイ(parallel artificial membrane permeabi…

  4. 極性表面積 polar surface area

    極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

  5. ステープルペプチド Stapled Peptide

    ステープルペプチド(Stapled Peptide)とは、短鎖ペプチドの二次構造を安定化させる目的で…

  6. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  7. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation

  8. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

  9. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

  10. 材料適合性 Material compatibility

  11. Imaging MS イメージングマス

  12. 秘密保持契約(NDA)

  13. A値(A value)

  14. 国連番号(UN番号)

  15. エレクトロクロミズム Electrochromism

  16. 真空ポンプ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法、ブラウン動力学法、散逸粒子動力学法
  2. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  3. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpentie
  4. 「オープンソース・ラボウェア」が変える科学の未来
  5. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大気庁発表
  6. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  7. リンダウ会議に行ってきた③

注目情報

最新記事

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

PAGE TOP