[スポンサーリンク]

B

ブレイズ反応 Blaise Reaction

 

概要

ニトリルとαーハロエステルから生じる亜鉛エノラートとの反応により、β-エナミノエステルもしくはβ-ケトエスエルを与える反応。

基本文献

 

開発の歴史

1901年フランスの化学者Blaiseが発見した反応。1983年に岸らによってサキシトキシンの全合成に適用するため改良法(1. THFを用いること, 2. Znを活性化し、α-ブロモエステルを時間をかけて加えること)が報告されている。

 

  • 反応機構

形式としてはニトリルへの亜鉛エノラートの求核付加である。Reformatsky反応も参照。
blaise_2.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rear…
  2. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropan…
  3. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Azir…
  4. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation…
  5. 根岸試薬(Cp2Zr) Negishi Reagent
  6. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki G…
  7. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent
  8. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  2. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  3. 塩素 Chlorine 漂白・殺菌剤や塩ビの成分
  4. 独BASF、米樹脂メーカーのジョンソンポリマー社を買収
  5. 置き去りのアルドール、launch!
  6. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希
  7. ステフェン・リパード Stephen J. Lippard
  8. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長
  9. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉
  10. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP