[スポンサーリンク]

I

ヨードラクトン化反応 Iodolactonization

概要

γ,δ-不飽和カルボン酸にヨウ素を反応させ、ヨードニウム中間体を経てラクトン化する反応。温和な条件で進行し、位置および立体特異的に対応するラクトンが得られる。

求電子剤としてはヨウ素の他に、セレニウムカチオン等価体なども用いられる。

 

基本文献

 

反応機構

オレフィンにヨウ素が反応したヨードニウム中間体を経由して進行する。
i_lactone_2.gif

反応例

Merrilactone Aの合成[1] i_lactone_5.gif
タミフルの合成[2]:ヨードラクタム化反応を鍵工程とする。
i_lactone_3.gif
Garsubellin Aの合成[3]:ケトエステルを用いる分子内環化反応により、三環性骨格を構築している。
i_lactone_4.gif
Corey lactone合成プロセスにおける使用
i_lactone_6.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] (a) Birman, V. B.; Danishefsky, S. J. J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 2080.DOI: 10.1021/ja012495d (b) Meng, Z.; Danishefsky, S. J. Angew. Chem. Int. Ed. 200544, 1511. doi:10.1002/anie.200462509

[2] Yeung, Y.-Y.; Hong, S.; Corey, E. J. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 6310. DOI: 10.1021/ja0616433

[3] Siegel, D. R.; Danishefsky, S. J.J. Am. Chem. Soc. 2006128, 1048. DOI: 10.1021/ja057418n

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 不斉ストレッカー反応 Asymmetric Strecker R…
  2. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rul…
  3. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synt…
  4. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rear…
  5. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephe…
  6. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model
  7. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  8. ルーシェ還元 Luche Reduction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞は化学者の手に
  2. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応
  3. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請
  4. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  5. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  6. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!①
  7. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  8. インドールの触媒的不斉ヒドロホウ素化反応の開発
  9. アレン・バード Allen J. Bard
  10. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現

第195回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 科学技術創成研究院(平松研究室) 半沢幸太さんに…

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP