[スポンサーリンク]

ケムステニュース

英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ

 

英製薬大手のグラクソスミスクライン(GSK)は27日、抗ウイルス薬「リレンザ」の販売価格を発展途上国で大幅に引き下げる方針を明らかにした。

リレンザを備蓄薬として利用する途上国政府に対し、通常の割引価格とは別の低価格体系を適用するという。ジャン・ピエール・ガーニエ最高経営責任者(CEO)がフィナシャル・タイムズの取材で述べた。(引用:日本経済新聞

 

リレンザ(Relenza; Zanamivir)は製薬会社グラクソスミスクラインの抗インフルエンザウィルス薬です。現在話題のロシュのタミフルが飲み薬であるのに対して、リレンザは専用の吸引器を使った経口吸引剤です。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ
  2. 抗生物質
  3. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  4. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道
  5. 三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ
  6. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長…
  7. 世界的性能の質量分析器開発を開始
  8. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 不斉配位子
  2. (+)-ミンフィエンシンの短工程不斉全合成
  3. 日本にノーベル賞が来る理由
  4. サーバーを移転しました
  5. 三井化学、出光興産と有機EL材料の協業体制構築で合意
  6. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会
  7. 近況報告PartI
  8. スタチンのふるさとを訪ねて
  9. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis
  10. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Transformation with Tin Acetal

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP