研究者へのインタビュー

  1. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授

    第三回はライス大学のJames Tour教授です。Tour教授は分子エレクトロニクス、ナノチューブ、ナノカーなどに関する研究を行っています。 (さらに…)…

  2. インタビューリンクー時任・中村教授、野依理事長

    元素を使いこなす―夢化合物の合成から環境に優しい合成反応の開発まで―8月14日の…

  3. Christoph A. Schalley

    DOI: 10.1002/anie.200901067私の好きな教科は数学でした、殆ど忘れてしまった…

  4. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる

    今回からこの日本人化学者のインタビューが始まりました。このコーナーでは第一線で活躍している主に日…

  5. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2

    PartIにつづいて、研究体制について成功と失敗化学とコンピュータ目標、アドバイ…

  6. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-

  7. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-

  8. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解
  2. 日本化学会と対談してきました
  3. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  4. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  5. ハメット則
  6. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業機会【終了】
  7. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP