身のまわりの分子

  1. シアノスター Cyanostar

    シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitrileを構成単位とする環状分子である (図1)。合成化学的に作られる大環状分子の一つである。2013年にAmar H. Floodらが…

  2. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の…

  3. 塩化ラジウム223

    塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こ…

  4. アスパラプチン Asparaptine

    アスパラプチンは、アスパラガス(Asparagus
 officinalis
)…

  5. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ

    正式名称 : 2,5-di-(N-(­­­­–)-prolyl)-para-benzoquinone…

  6. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

  7. ポリ乳酸 Polylactic Acid

  8. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

  9. フルエッギン Flueggine

  10. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

  11. ペンタレネン Pentalenene

  12. シラン Silane

  13. ヘロナミドA Heronamide A

  14. シクロクラビン cycloclavine

  15. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin

  16. スピノシン Spinosyn

スポンサー

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ・寄稿募集】
  2. 世界の「イケメン人工分子」① ~ 分子ボロミアンリング ~
  3. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  4. 超分子ポリマーを精密につくる
  5. セブンシスターズについて② ~世を統べる資源会社~
  6. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  7. ジェームス・ツアー James M. Tour

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

PAGE TOP