身のまわりの分子

  1. 塩化ラジウム223

    塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こす。α線を用いた癌治療薬となっていて商品名は、ゾーフィゴ(Xofigo)である。 (さらに…)…

  2. アスパラプチン Asparaptine

    アスパラプチンは、アスパラガス(Asparagus
 officinalis
)…

  3. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ

    正式名称 : 2,5-di-(N-(­­­­–)-prolyl)-para-benzoquinone…

  4. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

    ポリアクリル酸ナトリウム(Sodium polyacrylate)は、カルボキシル基…

  5. ポリ乳酸 Polylactic Acid

    略称PLA。乳酸がエステル結合した高分子で、農作物を原料として合成されるバイオプラスチックの1つであ…

  6. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

  7. フルエッギン Flueggine

  8. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

  9. ペンタレネン Pentalenene

  10. シラン Silane

  11. ヘロナミドA Heronamide A

  12. シクロクラビン cycloclavine

  13. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin

  14. スピノシン Spinosyn

  15. ノビリシチンA Nobilisitine A

  16. エンテロシン Enterocin

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 年に一度の「事故」のおさらい
  2. 水が促進するエポキシド開環カスケード
  3. エルマンイミン Ellman’s Imine
  4. 化学物質はなぜ嫌われるのか
  5. 化学の力で迷路を解く!
  6. 172番元素までの周期表が提案される
  7. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP