身のまわりの分子

  1. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の香気成分の中で最も多く存在する成分である。マツタケオールはその他のキノコにも多く含まれ、マツタケオールのみが松茸の香りの要素ではない。松茸の…

  2. 塩化ラジウム223

    塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こ…

  3. アスパラプチン Asparaptine

    アスパラプチンは、アスパラガス(Asparagus
 officinalis
)…

  4. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ

    正式名称 : 2,5-di-(N-(­­­­–)-prolyl)-para-benzoquinone…

  5. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

    ポリアクリル酸ナトリウム(Sodium polyacrylate)は、カルボキシル基…

  6. ポリ乳酸 Polylactic Acid

  7. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

  8. フルエッギン Flueggine

  9. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

  10. ペンタレネン Pentalenene

  11. シラン Silane

  12. ヘロナミドA Heronamide A

  13. シクロクラビン cycloclavine

  14. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin

  15. スピノシン Spinosyn

  16. ノビリシチンA Nobilisitine A

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  2. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  3. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成
  4. ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?
  5. 博士課程学生の奨学金情報
  6. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  7. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5,7-Triazabicyclo[4.4.0]dec-5-ene

注目情報

最新記事

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

元素紀行

先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

PAGE TOP