身のまわりの分子

  1. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の香気成分の中で最も多く存在する成分である。マツタケオールはその他のキノコにも多く含まれ、マツタケオールのみが松茸の香りの要素ではない。松茸の…

  2. 塩化ラジウム223

    塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こ…

  3. アスパラプチン Asparaptine

    アスパラプチンは、アスパラガス(Asparagus
 officinalis
)…

  4. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ

    正式名称 : 2,5-di-(N-(­­­­–)-prolyl)-para-benzoquinone…

  5. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

    ポリアクリル酸ナトリウム(Sodium polyacrylate)は、カルボキシル基…

  6. ポリ乳酸 Polylactic Acid

  7. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

  8. フルエッギン Flueggine

  9. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

  10. ペンタレネン Pentalenene

  11. シラン Silane

  12. ヘロナミドA Heronamide A

  13. シクロクラビン cycloclavine

  14. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin

  15. スピノシン Spinosyn

  16. ノビリシチンA Nobilisitine A

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  2. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~
  3. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  4. 第7回日本化学会東海支部若手研究者フォーラム
  5. アレルギー体に抑制力:岐阜薬科大学長ら発見
  6. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  7. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments

注目情報

最新記事

Imaging MS イメージングマス

質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS…

リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

第81回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学大学院工学研究科小川研究室博士1年の佐藤悠樹さんにお…

alreadyの使い方

副詞「already」は日本人が最もよく誤用する語の一つです。私が読んできた日本人学者による論文では…

「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

「ケムステ海外研究記」は節目となる第10回目を迎えました!記念すべき本寄稿は、第6回目の志村さんから…

最近の有機化学論文2

前回に引き続き、注目の有機化学に関する論文を紹介いたします。【有機反応】δ位選択的なsp3C–H…

PAGE TOP