身のまわりの分子

  1. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の香気成分の中で最も多く存在する成分である。マツタケオールはその他のキノコにも多く含まれ、マツタケオールのみが松茸の香りの要素ではない。松茸の…

  2. 塩化ラジウム223

    塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こ…

  3. アスパラプチン Asparaptine

    アスパラプチンは、アスパラガス(Asparagus
 officinalis
)…

  4. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ

    正式名称 : 2,5-di-(N-(­­­­–)-prolyl)-para-benzoquinone…

  5. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

    ポリアクリル酸ナトリウム(Sodium polyacrylate)は、カルボキシル基…

  6. ポリ乳酸 Polylactic Acid

  7. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

  8. フルエッギン Flueggine

  9. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

  10. ペンタレネン Pentalenene

  11. シラン Silane

  12. ヘロナミドA Heronamide A

  13. シクロクラビン cycloclavine

  14. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin

  15. スピノシン Spinosyn

  16. ノビリシチンA Nobilisitine A

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 三菱化学、より自然光に近い白色LED用の材料開発
  2. 2010年化学10大ニュース【Part2】
  3. 生物に打ち勝つ人工合成?アルカロイド骨格多様化合成法の開発
  4. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de Silva教授
  5. ポール・ウェンダー Paul A. Wender
  6. チエナマイシン /thienamycin
  7. 信じられない!驚愕の天然物たちー顛末編ー

注目情報

最新記事

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

PAGE TOP