身のまわりの分子

  1. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の香気成分の中で最も多く存在する成分である。マツタケオールはその他のキノコにも多く含まれ、マツタケオールのみが松茸の香りの要素ではない。松茸の…

  2. 塩化ラジウム223

    塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こ…

  3. アスパラプチン Asparaptine

    アスパラプチンは、アスパラガス(Asparagus
 officinalis
)…

  4. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ

    正式名称 : 2,5-di-(N-(­­­­–)-prolyl)-para-benzoquinone…

  5. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

    ポリアクリル酸ナトリウム(Sodium polyacrylate)は、カルボキシル基…

  6. ポリ乳酸 Polylactic Acid

  7. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

  8. フルエッギン Flueggine

  9. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

  10. ペンタレネン Pentalenene

  11. シラン Silane

  12. ヘロナミドA Heronamide A

  13. シクロクラビン cycloclavine

  14. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin

  15. スピノシン Spinosyn

  16. ノビリシチンA Nobilisitine A

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウランガラス
  2. ロジャーアダムス賞・受賞者一覧
  3. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導体の合成
  4. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判定
  5. 分子モーター Molecular Motor
  6. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  7. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発

注目情報

最新記事

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

PAGE TOP