[スポンサーリンク]

K

コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction

 

概要

フェノールのアルカリ塩に二酸化炭素を加圧下反応させると、ベンゼン環にカルボキシ基が導入される。サリチル酸誘導体の合成法。

 

基本文献

 

反応機構

フェノキシドイオンはフェノール自体よりもSEAr反応を起こしやすい。主としてオルト置換体が生成する。これはナトリウムとのキレート効果によって遷移状態が安定化するためとされている。
kolbe_schmitt_2.gif

反応例

kolbe_schmitt_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ネバー転位 Neber Rearrangement
  2. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  3. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  4. スルホン系保護基 Sulfonyl Protective Gro…
  5. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (Ru…
  6. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  7. メルドラム酸 Meldrum’s Acid
  8. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. オカモト株式会社茨城工場
  2. 英文読解の負担を減らすマウスオーバー辞書
  3. 光学分割 / optical resolution
  4. 環歪みを細胞取り込みに活かす
  5. フィリピン海溝
  6. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  7. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く
  8. 2009年10大分子発表!
  9. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ
  10. ノーベル受賞者、東北大が米から招請

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP