[スポンサーリンク]

C

炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

概要

炭素-炭素結合は有機化合物に含まれる中でもっとも強固な結合で有り、これを切断して別種の変換に用いる試みは、有機合成化学界における最先端かつ最難課題の一つである。アトムエコノミーの観点からも効率的であり、またこれまでにない化合物合成経路の実現、未知の物質創成にも寄与しうる。

触媒反応の典型例としてはオレフィンメタセシスが知られている一方、炭素-炭素単結合の切断は足がかりに乏しく、未だ困難な課題とされている。遷移金属触媒によって実現されている例としては、配位性官能基近傍、もしくはひずんだ炭素環を標的とする方法論がよく研究されている。

複雑化合物合成への応用は今後の研究課題とされている。

基本文献

<review>

 

反応例

C-C結合活性化を鍵過程とするCycloinumakiolの全合成[1]

CCactivation_2

ベンゼン環の切断反応[2]

CC_Activation_3

ニッケル触媒を用いるカルボシアネーション反応[3]

CCactivation_4

参考文献

  1.  Xu, T.; Dong, G. Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53,10773. DOI: 10.1002/anie.201404802
  2.  Hu, S.; Shima, T.; Hou, Z. Nature 2014512, 413. DOI:10.1038/nature13624
  3.  Nakao, Y. Bull. Chem. Soc. Jpn. 2012, 85, 731. doi:10.1246/bcsj.20120081

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ペタシス試薬 Petasis Reagent
  2. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応
  3. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knor…
  4. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost…
  5. ワートン反応 Wharton Reaction
  6. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…
  7. ネフ反応 Nef Reaction
  8. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  2. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん
  3. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  4. 白リンを超分子ケージに閉じ込めて安定化!
  5. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  6. さあ分子模型を取り出して
  7. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe
  8. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Synthesis
  9. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis
  10. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする

スイス連邦工科大学チューリヒ校・J.W.Bodeらは、光触媒とルイス酸を組み合わせることで、Ir光触…

FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察

金沢大学は、同大学理工研究域電子情報学系の福間剛士教授と理工研究域バイオAFM先端研究センターの宮田…

新しい構造を持つゼオライトの合成に成功!

第109回のスポットライトリサーチ。今回は横浜国立大学大学院工学研究院 機能の創生部門 窪田好浩研究…

モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか

ジョンソン・アンド・ジョンソンは、HIV及びエイズに関する会議 "IAS2007" にて、最新のHI…

有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

有機化学合成協会が発行する、有機合成化学協会誌。今月、7月号が7月25日にオンライン公開になりました…

ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP