odos 有機反応データベースC

  1. クラブトリー触媒 Crabtree’s Catalyst

    概要PF6はCrabtree触媒と呼称される取り扱い容易なカチオン性錯体であり、均一系水素化触媒として働く。エール大学のロバート・クラブトリーによって開発された。Wilkinson触媒などでは反応させることが難しい四置換オレフィ…

  2. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

    概要炭素-炭素結合は有機化合物に含まれる中でもっとも強固な結合で有り、これを切断して別種の変換に…

  3. シャレット不斉シクロプロパン化 Charette Asymmetric Cyclopropanation

    概要キラルボロン酸エステルを当量用いて、不斉Simmons-Smithシクロプロ…

  4. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Ganem Oxidation

    概要二酸化マンガン-シアニド系によってα,β-不飽和アルデヒドのみを選択的かつ穏…

  5. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction

    概要ペリ環状反応の一種。同一原子上に二つの結合を生じる環形成反応、もしくはその逆…

  6. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesis

  7. カテラニ反応 Catellani Reaction

  8. コールマン試薬 Collman’s Reagent

  9. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis

  10. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process for Acetic Acid Synthesis

  11. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis

  12. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangement

  13. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction

  14. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)

  15. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidation

  16. カチオン重合 Cationic Polymerization

スポンサー

注目情報

ピックアップ記事

  1. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成
  2. 三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化で
  3. 立体選択的なスピロ環の合成
  4. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  5. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group
  6. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系
  7. 学会ムラの真実!?

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

PAGE TOP