ペプチド

  1. 化学合成で「クモの糸」を作り出す

    第79回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター 酵素研究チーム(沼田研究室)・土屋康佑 上級研究員にお願い致しました。土屋さんの所属する沼田研究室は、機能性高分子材料としての「ポリアミノ酸」の合成法開発と…

  2. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

    2017年はじめて、そして第75回のスポットライトリサーチは、東京工業大学中村・布施研究室の御舩悠人…

  3. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

    第29回の海外研究者インタビューは、Rein Ulijn教授です。Ulijin教授はマンチェスター大…

  4. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製

    第69回目となるスポットライトリサーチは、東京薬科大学 薬学部(林良雄 研究室) 博士課程3年・六車…

  5. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発

    第58回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科(金井研究室)・博士課程3年の関陽平…

  6. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より

  7. 特殊ペプチド Specialty Peptide

  8. アミロイド線維を触媒に応用する

  9. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

  10. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

  11. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

  12. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用

  13. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ

  14. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

  15. アジフェーズ法 AJIPHASE Method

  16. 生体共役反応 Bioconjugation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジアゾメタン diazomethane
  2. ボロールで水素を活性化
  3. NaHの水素原子の酸化数は?
  4. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教授
  5. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction
  6. エチレンを離して!
  7. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所

注目情報

最新記事

材料適合性 Material compatibility

材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

アルゼンチン キプロス

化学地球儀としてはかなり大雑把なくくりでのご紹介となっていますが、この二国の共通項が直ぐお分りになり…

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

PAGE TOP