ペプチド

  1. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

    2017年はじめて、そして第75回のスポットライトリサーチは、東京工業大学中村・布施研究室の御舩悠人博士にお願いしました。同研究室では、有機合成化学を基盤に創薬研究やケミカルバイオロジー研究分野での技術革新を目指した研究が行われてい…

  2. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

    第29回の海外研究者インタビューは、Rein Ulijn教授です。Ulijin教授はマンチェスター大…

  3. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製

    第69回目となるスポットライトリサーチは、東京薬科大学 薬学部(林良雄 研究室) 博士課程3年・六車…

  4. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発

    第58回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科(金井研究室)・博士課程3年の関陽平…

  5. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より

    「ケムステ海外研究記」の第4回目は、ライス大学化学科・大学院生の大畠 潤さんにお願いしました。…

  6. 特殊ペプチド Specialty Peptide

  7. アミロイド線維を触媒に応用する

  8. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

  9. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

  10. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

  11. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用

  12. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ

  13. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

  14. アジフェーズ法 AJIPHASE Method

  15. 生体共役反応 Bioconjugation

  16. 菅裕明 Hiroaki Suga

スポンサー

ピックアップ記事

  1. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長
  2. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ① 「ほんとスタンド」 の巻
  3. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  4. 「肥満症」薬を国内投入、エーザイや武田
  5. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  6. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで – John Anthony教授
  7. マーティンスルフラン Martin Sulfurane

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP