ペプチド

  1. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

    南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AApeptideの2:1繰り返し構造が特異な右巻きらせん構造を取ることを報告した。“Right-Handed Helical Foldame…

  2. フローリアクターでペプチド連結法を革新する

    2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

  3. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

    モハマド・レザ・ガディリ (Mohammad Reza Ghadiri、19xx年xx月xx日(イラ…

  4. 天然イミンにインスパイアされたペプチド大環状化反応

    スクリプス研究所・Phil S. Baranらは、天然に存在するペプチドのイミン環化過程にインスパイ…

  5. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

    非リボソームペプチド(non-ribosomal peptide, NRP)とは、微生物の二次代謝産…

  6. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  7. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化

  8. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode

  9. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

  10. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー

  11. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

  12. 生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発

  13. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

  14. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

  15. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

  16. ステープルペプチド Stapled Peptide

スポンサー

ピックアップ記事

  1. UCLAにおける死亡事故で指導教授が刑事告訴される
  2. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darren Hamilton教授
  3. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst
  4. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling
  5. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  6. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  7. シスプラチン しすぷらちん cisplatin

注目情報

最新記事

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

PAGE TOP