[スポンサーリンク]

E

エーテル系保護基 Ether Protective Group

 

概要

エーテルは多くの条件に不活性であり、比較的丈夫な保護基として用いられる。

メチルエーテル(Me)、トリチルエーテル(Tr)などがよく用いられる。ほかにもベンジルエーテル(Bn)p-メトキシベンジルエーテル(PMB)シリルエーテル類がアルコールの保護目的には頻用される。

PG_ether_2.gif

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ルーシェ還元 Luche Reduction
  2. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylborati…
  3. スワーン酸化 Swern Oxidation
  4. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloa…
  5. ペイン転位 Payne Rearrangement
  6. フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freu…
  7. マクマリーカップリング McMurry Coupling
  8. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 未来の科学コミュニティ
  2. START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会
  3. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  4. 科学ボランティアは縁の下の力持ち
  5. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師
  6. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  7. 新たな製品から未承認成分検出 大津の会社製造
  8. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz
  9. ご注文は海外大学院ですか?〜渡航編〜
  10. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを販売

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP