[スポンサーリンク]

B

ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

 

概要

分子内のVilsmeier-Haack型反応により、ジヒドロイソキノリンを合成する手法。

基本文献

 

反応機構

Vilsmeier-Haack反応、Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1972, 11, 919を参照。
bischler_napieralski_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. クラブトリー触媒 Crabtree’s Cataly…
  2. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurizatio…
  3. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation…
  4. アニオン重合 Anionic Polymerization
  5. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupli…
  6. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearra…
  7. 向山アルドール反応 Mukaiyama Aldol Reacti…
  8. マクコーマック反応 McCormack Reaction

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポリメラーゼ連鎖反応 ぽりめらーぜれんさはんのう polymerase chain reaction, PCR
  2. もし新元素に命名することになったら
  3. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発
  4. 未踏の構造に魅せられて―ゲルセモキソニンの全合成
  5. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功
  6. ダフ反応 Duff Reaction
  7. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific Editing
  8. (-)-MTPA-Cl
  9. 振動結合:新しい化学結合
  10. エッシェンモーザーカップリング Eschenmoser Coupling

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

内容 世界市場において日本の国際競争力の低下傾向が続いており、製造業のシェアは年々低下、化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP