研究者へのインタビュー

  1. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

    第32回の海外化学者インタビューは、ダンカン・ブルース教授です。ヨーク大学化学科に在籍し、液晶に重点を置きつつ材料化学のさまざまな側面を研究しています。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

  2. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授

    第31回の海外化学者インタビューは、ミロ・シェファー教授です。インペリアルカレッジの化学科に在籍し、…

  3. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

    第30回の海外研究者インタビューは、マーカス・ウェック教授です。ニューヨーク大学化学科に在籍しており…

  4. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

    第29回の海外研究者インタビューは、Rein Ulijn教授です。Ulijin教授はマンチェスター大…

  5. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授

    半年ぶり、そして第34回目の日本人化学者インタビューは 忍久保洋  教授 (名古屋大学大学院工学研究…

  6. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

  7. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授

  8. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員

  9. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授

  10. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

  11. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授

  12. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授

  13. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授

  14. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授

  15. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

  16. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より
  2. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  3. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis
  4. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー
  5. 個性あるTOC その②
  6. 名大・山本名誉教授に 「テトラへドロン賞」 有機化学分野で業績
  7. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-triazine

注目情報

最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

PAGE TOP