研究者へのインタビュー

  1. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

    第34回の海外化学者インタビューは、Jeroen Cornelissen教授です。オランダのRadboud University Nijmegenの分子生物学研究所に所属(現在:University of Twente)しており、生物高分子…

  2. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授

    第33回の海外化学者インタビューは、スティーブ・マルスデン教授です。イギリスのリーズ大学化学科に在籍…

  3. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

    第32回の海外化学者インタビューは、ダンカン・ブルース教授です。ヨーク大学化学科に在籍し、液晶に重点…

  4. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授

    第31回の海外化学者インタビューは、ミロ・シェファー教授です。インペリアルカレッジの化学科に在籍し、…

  5. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

    第30回の海外研究者インタビューは、マーカス・ウェック教授です。ニューヨーク大学化学科に在籍しており…

  6. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

  7. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授

  8. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

  9. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授

  10. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員

  11. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授

  12. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

  13. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授

  14. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授

  15. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授

  16. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  2. グレゴリー・フー Gregory C. Fu
  3. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  4. 抗結核薬R207910の不斉合成
  5. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  6. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  7. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ

注目情報

最新記事

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

PAGE TOP