研究者へのインタビュー

  1. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授

    第35回の海外化学者インタビューは、マーク・グリーン教授です。イギリスのキングス・カレッジ・ロンドン化学科に在籍し、有機金属をベースとした半導体および金属ナノ粒子の合成、ナノ材料の生物学的応用、希土類元素を基にしたナノ材料、生合成、高分子ナ…

  2. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

    第34回の海外化学者インタビューは、Jeroen Cornelissen教授です。オランダのRadb…

  3. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授

    第33回の海外化学者インタビューは、スティーブ・マルスデン教授です。イギリスのリーズ大学化学科に在籍…

  4. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

    第32回の海外化学者インタビューは、ダンカン・ブルース教授です。ヨーク大学化学科に在籍し、液晶に重点…

  5. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授

    第31回の海外化学者インタビューは、ミロ・シェファー教授です。インペリアルカレッジの化学科に在籍し、…

  6. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

  7. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

  8. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授

  9. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

  10. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授

  11. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員

  12. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授

  13. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

  14. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授

  15. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授

  16. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法
  2. バートン・ザード ピロール合成 Barton-Zard Pyrrole Synthesis
  3. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : Bis(hexafluoroacetylacetonato)copper(II) Hydrate
  4. ケミカル・アリに死刑判決
  5. Heterocyclic Chemistry
  6. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その1
  7. N-オキシドの合成 Synthesis of N-oxide

注目情報

最新記事

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

PAGE TOP