研究者へのインタビュー

  1. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

    第36回の海外化学者インタビューは、サイモン・ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大学の化学科に所属しており、生物学的システム、特に生体膜の構造や機能を模倣する化学を研究しています。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&he…

  2. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授

    第35回の海外化学者インタビューは、マーク・グリーン教授です。イギリスのキングス・カレッジ・ロンドン…

  3. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

    第34回の海外化学者インタビューは、Jeroen Cornelissen教授です。オランダのRadb…

  4. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授

    第33回の海外化学者インタビューは、スティーブ・マルスデン教授です。イギリスのリーズ大学化学科に在籍…

  5. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

    第32回の海外化学者インタビューは、ダンカン・ブルース教授です。ヨーク大学化学科に在籍し、液晶に重点…

  6. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授

  7. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

  8. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

  9. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授

  10. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

  11. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授

  12. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員

  13. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授

  14. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

  15. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授

  16. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「溶融炭酸塩基の脱プロトン化で有用物質をつくる」スタンフォード大学・Kanan研より
  2. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  3. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  4. 芳香族求核置換反応 Nucleophilic Aromatic Substitution
  5. 三井物と保土谷 多層カーボンナノチューブを量産
  6. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン
  7. ODOOSをリニューアル!

注目情報

最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

PAGE TOP