研究者へのインタビュー

  1. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

    第36回の海外化学者インタビューは、サイモン・ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大学の化学科に所属しており、生物学的システム、特に生体膜の構造や機能を模倣する化学を研究しています。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&he…

  2. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授

    第35回の海外化学者インタビューは、マーク・グリーン教授です。イギリスのキングス・カレッジ・ロンドン…

  3. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

    第34回の海外化学者インタビューは、Jeroen Cornelissen教授です。オランダのRadb…

  4. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授

    第33回の海外化学者インタビューは、スティーブ・マルスデン教授です。イギリスのリーズ大学化学科に在籍…

  5. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

    第32回の海外化学者インタビューは、ダンカン・ブルース教授です。ヨーク大学化学科に在籍し、液晶に重点…

  6. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授

  7. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

  8. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

  9. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授

  10. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

  11. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授

  12. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員

  13. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授

  14. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

  15. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授

  16. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与
  2. ベンザイン Benzyne
  3. 原油生産の切り札!? 国内原油生産の今昔物語
  4. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  5. 人生、宇宙、命名の答え
  6. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  7. サイエンスアゴラ2014総括

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

有機化学合成協会が発行する、有機合成化学協会誌。今月、7月号が7月25日にオンライン公開になりました…

ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者…

研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

シアノスター Cyanostar

シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

PAGE TOP