[スポンサーリンク]

K

ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base

概要

TMPMgCl・LiClKnochel-Hauser塩基と呼ばれ、芳香環を脱プロトン化して核メタル化を行える有用な試薬である。

このような変換は従来アルキルリチウム・リチウムアミドで行われてきたが、強い求核性ゆえに副反応が避けられなかった。

TMPMgCl・LiClはそれに比して官能基選択性が高く、かつ実用的な温度範囲で行える優れた試薬である。従来使用の難しかった電子不足複素環などに対しても適用可能であり、有用性が高い。

 

基本文献

  • Krasovskiy, A.; Krasovskaya, V.; Knochel, P. Angew. Chem. Int. Ed. 2006, 45, 2958. DOI: 10.1002/anie.200504024

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

  • Lin, W.; Baron, O.; Knochel, P. Org. Lett. 2006, 8, 5673.
  • (a) Piller, F. M.; Knochel, P. Org. Lett. 2009, 11, 445. (b) Piller, F. M.; Appukkuttan, P.; Gavryushin, A.; Helm, M..; Knochel, P. Angew. Chem. Int. Ed. 2008, 47, 6802.

関連反応

 

関連書籍

関連リンク

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting …
  2. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von…
  3. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogen…
  4. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)…
  5. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  6. 隣接基関与 Neighboring Group Particip…
  7. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical O…
  8. アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  2. 高分子討論会:ソーラーセイルIKAROS
  3. 糖鎖を直接連結し天然物をつくる
  4. ハネウェル社、アルドリッチ社の溶媒・無機試薬を販売へ
  5. 軽量・透明・断熱!エアロゲル(aerogel)を身近に
  6. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発
  7. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より
  8. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  9. グレゴリー・フー Gregory C. Fu
  10. ダウとデュポンの統合に関する小話

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP