[スポンサーリンク]

B

ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

 

概要

分子内のVilsmeier-Haack型反応により、ジヒドロイソキノリンを合成する手法。

基本文献

 

反応機構

Vilsmeier-Haack反応、Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1972, 11, 919を参照。
bischler_napieralski_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement…
  2. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigena…
  3. ポヴァロフ反応 Povarov Reaction
  4. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylatio…
  5. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman…
  6. IBX酸化 IBX Oxidation
  7. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  8. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane R…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  2. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  3. 3.11 14:46 ①
  4. MFCA -環境調和の指標、負のコストの見える化-
  5. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始
  6. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  7. 1つの蛍光分子から4色の発光マイクロ球体をつくる
  8. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton
  9. 2010年化学10大ニュース【Part2】
  10. リガンド革命

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP