[スポンサーリンク]

B

ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

分子内のVilsmeier-Haack型反応により、ジヒドロイソキノリンを合成する手法。

基本文献

 

反応機構

Vilsmeier-Haack反応、Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 1972, 11, 919を参照。
bischler_napieralski_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…
  2. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman…
  3. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  4. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reacti…
  5. ミッドランド還元 Midland Reduction
  6. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selecti…
  7. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal…
  8. ベティ反応 Betti Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. レーン 超分子化学
  2. ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【後編】
  3. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する
  4. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体
  5. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  6. 特許の関係を「地図」に ベンチャー企業が作成
  7. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  8. 勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話
  9. BASF150年の歩みー特製ヒストリーブックプレゼント!
  10. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP