[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

銀の殺菌効果がない?銀耐性を獲得するバシラス属菌

 

銀ナノ粒子(もしくはナノシルバー)は強力かつほぼすべての菌に対し殺菌作用があり、今でもその効果に関する研究論文が毎年1000件以上発表されています。銀ナノ粒子が入った日用品も増えており、日常生活に関わりが深い材料になっています。ところがある特定の細菌(バシラス属)は銀ナノ粒子に長時間さらされると耐性を獲得しさらに細胞増殖が促進することがオーストラリアと香港のグループによって最近報告されています[1]

バシラス属菌に対する銀ナノ粒子の殺菌効果

銀ナノ粒子の殺菌効果は溶け出る銀イオンが主な原因で微量金属作用として古くから知られており、様々なバクテリア・ウイルスの殺菌に効果があります[2]。下図1にあるようにバシラス属菌も銀の濃度が上がるほど菌の増殖が抑制されています。ただ銀を添加しなかった場合と比べて、3-7mg/Lの銀濃度では明確な殺菌効果は見られません。著者らも指摘している通り、他の菌(Escherichia coli)であれば1mg/Lの銀でほぼ死滅する[3]ことから、バシラス属の菌は他に比べて銀ナノ粒子に対する耐性が高いと言えます。ただこのデータからは元々耐性が高かったのか、それとも耐性を獲得したのかは不明です。

1

バシラス属桿菌の成長におけるAg濃度の影響(文献[1]より引用)

銀ナノ粒子に対するバシラス属菌の耐性獲得

そこで著者らはバシラス属菌を銀ナノ粒子溶液に13日間さらした後に、改めて0-10mg/Lの銀ナノ粒子溶液中における菌の成長率を調べました。すると下図2にあるようにあらかじめ銀ナノ粒子にさらした菌(図中の赤枠内)の成長率(縦軸)がそうでないもの(青枠内)に比べて圧倒的に高いことが分かりました。さらに銀ナノ粒子が無い場合(一番奥の行:銀ナノ粒子濃度=0mg/L)でも、あらかじめ銀ナノ粒子にさらされていた菌の方が成長率が3倍ほど高く、明らかに銀ナノ粒子がバシラス属菌の成長を促進していることが分かります。

2_2

バシリス属菌の銀ナノ粒子に対する耐性獲得(文献[1]より引用、一部改訂)

バシラス属の菌類は環境中に多く生息する一方で人間や環境にとって害のある種(枯草菌枯葉菌(修正:2015/4/17)、炭疽菌等)も存在し[4]銀ナノ粒子を使って殺菌したつもりが実は有害な菌の成長を促進していたなんてことも起こりえます。このような耐性の獲得はバシラス属の菌が元々持っている性質が関係しており[1]他の菌でも起こるわけではないですが、今後銀ナノ粒子の利用は確実に増加するので気をつけて利用していく必要がありそうです。

 

参考文献

  1. Gunawan, C.; Teoh, W. Y.; Marquis, C. P.; Amal, R., Induced Adaptation of Bacillus sp. to Antimicrobial Nanosilver. Small 2013, 9 (21), 3554-3560. DOI: 10.1002/smll.201300761
  2. Marambio-Jones, C.; Hoek, E. V., A review of the antibacterial effects of silver nanomaterials and potential implications for human health and the environment. J. Nanopart. Res. 2010, 12 (5), 1531-1551. DOI: 10.1007/s11051-010-9900-y
  3. Sotiriou, G. A.; Pratsinis, S. E., Antibacterial activity of nanosilver ions and particles. Environ. Sci. Technol. 2010, 44 (14), 5649-5654. DOI: 10.1021/es101072s
  4. バシラス属-wikipedia

 

関連リンク

The following two tabs change content below.

SHO

博士(工学)。無機ナノ粒子全般に関心があります。

関連記事

  1. アザジラクチンの全合成
  2. 炭素ー炭素結合を切る触媒
  3. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  4. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化
  5. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  6. JACSベータ
  7. 今度こそ目指せ!フェロモンでリア充生活
  8. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発

コメント

  1. 「バシラス属菌を銀ナノ粒子溶液に13日間~さらされていた菌の方が成長率が3倍~耐性の獲得はバシラス属の菌が元々持っている性質が関係~害のある種(枯葉菌、炭疽菌等)も存在」

  2. 「銀ナノ粒子に対するバシラス属菌の耐性獲得」

    • 生物屋
    • 2015年 4月 17日

    本文中の「枯葉菌」は枯草菌のこととして、枯草菌には人間に対する毒性はありません(納豆菌は枯草菌の類縁種です)。また環境に対して「有害」という表現も、基準が書かれておらず、意味を成しません。さらに、銀ナノ粒子に対して耐性のある遺伝子と毒性遺伝子との間にリンクがある訳でも無いので、最後の段落の「銀ナノ粒子を使って殺菌したつもりが実は有害な菌の成長を促進していた」は明らかにオーバークレームです。不安を煽って商売に繋げようとする悪徳業者のような不快な表現です。逆に「他の菌でも起こるわけではない」のところは怪しく、本論文では他のサルモネラ属細菌のプラスミド上の銀耐性遺伝子の相同遺伝子が枯草菌にあると言っている訳ですから、(もし遺伝子の存在が耐性機構の決定的要因であれば)別種の微生物でも起こりうる話です。この部分は、論文の最後の文章を解釈する際に、言い過ぎてしまったと思われます。つまり、inherent abilityには他をexcludeする意味はありません。まとめると、本記事で新しい分野を紹介しようという意欲は買いますが、生物学的観点からの読み取りが浅く、不正確な表現が多く存在します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. JACSベータ
  2. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  3. BO triple bond
  4. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表
  5. A-ファクター A-factor
  6. 小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!
  7. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子
  8. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  9. ウェルチ化学賞・受賞者一覧
  10. ノリッシュ反応 Norrish Reaction

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP