Chem-Station (ケムステ)

|Sponsored Advert|

F

福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis

福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis
6月 09
19:26 2009
LINEで送る
Pocket

福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesisアルコール、ハロゲン化合物→窒素化合物

概要

穏和な条件で二級アミンが合成できるきわめて強力な手法。

ニトロベンゼンスルホンアミド(ノシル(Ns)アミド)のプロトンは酸性度が高く、光延反応条件によりアルキル化することが可能である。
弱塩基・アルキルハライドを用いるアルキル化条件に伏すこともできる。

トルエンスルホニル(Ts)アミドなどでも同様の変換に伏すことは可能だが、Ns基の場合はチオールの求核攻撃によって容易に脱保護が行える。この点で脱保護の難しいTs基よりも優れる。

Ns基はアミンの保護と活性化の二役をこなす、次世代型保護基と言える。

基本文献

 

開発の歴史

福山透らによって1995年に開発された。ちなみに福山は1995年にライス大教授から東京大学へと移り、現在名古屋大学特任教授である。

福山透

福山透

 

反応機構

脱保護:Ns基はチオールの求核付加によりMeisenheimerコンプレックスを経由し、引き続き二酸化硫黄の脱離を伴って脱保護される。他のスルホン系保護基に比べ、脱保護が容易な点が特長である。
fukuyama_amine_2.gif

反応例

ニトロ2置換のDNs保護基も同様の手法に用いられる。Nsと区別して脱保護することも可能。
fukuyama_amine_3.gif
大環状アミンの合成にも用いることが出来る[1]。
fukuyama_amine_4.gif

実験手順

ノシル基の脱保護[2] fukuyama_amine_5.gif

攪拌子を備えた100mL二径フラスコに、窒素雰囲気下、チオフェノール(7.82mL, 76.5mmol)のアセトニトリル(20mL)溶液を調製する。溶液を氷冷し、10.9M水酸化カリウム水溶液(7.02mL,
76.5mmol)を10分かけて加える。5分攪拌後、氷浴を取り除き、N-(4-Methoxybenzyl)-N-(3-phenylpropyl)-2-nitrobenzenesulfonamide
(13.5g, 30.6mmol)のアセトニトリル(20mL)溶液を20分かけて加える。溶液を50℃にて40分過熱攪拌し、室温まで放冷する。水(80mL)で希釈し、ジクロロメタン(3×80mL)で抽出する。有機層を合わせ、飽和食塩水(80mL)で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥させる。ろ過して減圧濃縮し、シリカゲルカラムクロマトグラフィで精製する。濃縮後得られた油状物質をジクロロメタン(120mL)に溶解させ、1M水酸化ナトリウム水溶液(80mL)、飽和食塩水(40mL)で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥する。ろ過して濃縮、減圧蒸留にて精製(150℃,0.25mmHg)することで目的のアミンを無色油状物質として得る(6.98-7.08 g, 収率89-91%)。

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

  1. Fujiwara, A.; Kan, T.; Fukuyama, T. Synlett 2000, 1667. DOI: 10.1055/s-2000-7950
  2. Kurosawa, W.; Kan, T.; Fukuyama, T. Org. Synth. 200279, 186. [PDF]

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事:以下の記事も読んでみてください

  • 2014-10-28_13-58-58フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis   概要 一級アミンとアルデヒドから得られるイミンのアルキル化、引き続く加水分解によって二級アミンを合成する手法。 基本文献 Forster, M. O. J. J. Chem. Soc. 1899, 75, 934. Decker, […]
  • 2014-10-27_11-43-18福山還元反応 Fukuyama Reduction カルボン酸誘導体 → アルデヒド […]
  • ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroaminationハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination アルケン→窒素化合物 概要 スチレン誘導体もしくはジエン化合物に二級アミンを付加させる反応。アトムエコノミーは100%であり、将来的に条件が温和になればきわめて実用性の高い反応になると目される。 Pd触媒を用いるとMarkovnikov付加が起きるが、Ru触媒ではan […]
  • 2014-10-30_02-32-25福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling 概要 パラジウム触媒を用いる、チオエステルと有機亜鉛試薬間のクロスカップリング反応。アルデヒドなどの高反応性官能基も冒すことなく反応は進行する。 基本文献 Tokuyama, H.; Yokoshima, S.; Yamashita, T.; […]
  • 2014-10-29_17-21-27デレピン アミン合成 Delepine Amine Synthesis   概要 ハロゲン化アルキルのヘキサメチレンテトラミンによるアルキル化を経て、第一級アミンを合成する反応。この条件においてヨウ化アルキルは速やかに反応するが、塩化物、臭化物は反応が遅い。 基本文献 Delepine, M. Bull. Soc. […]
  • 2014-10-28_15-37-29フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification   概要 カルボン酸とアルコールから、酸触媒存在下加熱条件にてエステルを合成する手法。 平衡反応なので、収率良く進行させるには平衡を生成系に偏らせる必要がある。通常は一方の試薬を過剰に用いるか、Dean-Stark装置を用いて水を系外に追い出すなどの工夫がな […]
LINEで送る
Pocket

Share
カテゴリ:F, odos 有機反応データベース 投稿日:2009年6月9日 

最終更新:2015年5月21日 最終更新者 : webmaster

About Author

Hiro

Hiro

キャンペーン

人気記事

PR