Chem-Station

|Sponsored Advert|

F

福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis

福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis
6月 09
19:26 2009
LINEで送る
Pocket

福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesisアルコール、ハロゲン化合物→窒素化合物

概要

穏和な条件で二級アミンが合成できるきわめて強力な手法。

ニトロベンゼンスルホンアミド(ノシル(Ns)アミド)のプロトンは酸性度が高く、光延反応条件によりアルキル化することが可能である。
弱塩基・アルキルハライドを用いるアルキル化条件に伏すこともできる。

トルエンスルホニル(Ts)アミドなどでも同様の変換に伏すことは可能だが、Ns基の場合はチオールの求核攻撃によって容易に脱保護が行える。この点で脱保護の難しいTs基よりも優れる。

Ns基はアミンの保護と活性化の二役をこなす、次世代型保護基と言える。

基本文献

・ Review: Kan, T.; Fukuyama, T. Chem. Commun. 2004, 353. DOI: 10.1039/b311203a

 

反応機構

脱保護:Ns基はチオールの求核付加によりMeisenheimerコンプレックスを経由し、引き続き二酸化硫黄の脱離を伴って脱保護される。他のスルホン系保護基に比べ、脱保護が容易な点が特長である。
fukuyama_amine_2.gif

反応例

ニトロ2置換のDNs保護基も同様の手法に用いられる。Nsと区別して脱保護することも可能。
fukuyama_amine_3.gif
大環状アミンの合成にも用いることが出来る[1]。
fukuyama_amine_4.gif

実験手順

ノシル基の脱保護[2] fukuyama_amine_5.gif

攪拌子を備えた100mL二径フラスコに、窒素雰囲気下、チオフェノール(7.82mL, 76.5mmol)のアセトニトリル(20mL)溶液を調製する。溶液を氷冷し、10.9M水酸化カリウム水溶液(7.02mL,
76.5mmol)を10分かけて加える。5分攪拌後、氷浴を取り除き、N-(4-Methoxybenzyl)-N-(3-phenylpropyl)-2-nitrobenzenesulfonamide
(13.5g, 30.6mmol)のアセトニトリル(20mL)溶液を20分かけて加える。溶液を50℃にて40分過熱攪拌し、室温まで放冷する。水(80mL)で希釈し、ジクロロメタン(3×80mL)で抽出する。有機層を合わせ、飽和食塩水(80mL)で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥させる。ろ過して減圧濃縮し、シリカゲルカラムクロマトグラフィで精製する。濃縮後得られた油状物質をジクロロメタン(120mL)に溶解させ、1M水酸化ナトリウム水溶液(80mL)、飽和食塩水(40mL)で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥する。ろ過して濃縮、減圧蒸留にて精製(150℃,0.25mmHg)することで目的のアミンを無色油状物質として得る(6.98-7.08 g, 収率89-91%)。

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Fujiwara, A.; Kan, T.; Fukuyama, T. Synlett 2000, 1667. DOI: 10.1055/s-2000-7950
[2] Kurosawa, W.; Kan, T.; Fukuyama, T. Org. Synth. 200279, 186. [PDF]

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事:以下の記事も読んでみてください

  • 福山還元反応 Fukuyama Reduction福山還元反応 Fukuyama Reduction カルボン酸誘導体 → アルデヒド […]
  • 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling 概要 パラジウム触媒を用いる、チオエステルと有機亜鉛試薬間のクロスカップリング反応。アルデヒドなどの高反応性官能基も冒すことなく反応は進行する。 基本文献 Tokuyama, H.; Yokoshima, S.; Yamashita, T.; […]
  • フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesisフォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis   概要 一級アミンとアルデヒドから得られるイミンのアルキル化、引き続く加水分解によって二級アミンを合成する手法。 基本文献 Forster, M. O. J. J. Chem. Soc. 1899, 75, 934. Decker, […]
  • カルバメート系保護基 Carbamate Protectionカルバメート系保護基 Carbamate Protection   概要 アミンはその塩基性・求核能の高さゆえさまざまな反応を起こしやすい。多段階変換過程においては、これを減ずるべく電子求引性の官能基を用いて保護するのが常套手段である。とくにカルバメート系保護基は汎用性・簡便性の面で優れており、アミド・スルホンアミド系保護に比 […]
  • 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reaction藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reaction   概要 パラジウム触媒存在下、非修飾型ベンゼン環に、直接オレフィンとの結合生成を行う手法。現在で言うところの触媒的C-H活性化の一例。 反応形式的には酸化的溝呂木-Heck反応に相当する。 基本文献  Moritani, I.; […]
  • ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesisガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis   概要 フタルイミドのアルキル化を利用して、第一級アミンを得る方法。ハロゲン化アルキルとアンモニアの反応から一級アミンを合成することは、ポリアルキル化が進行するため困難である。この合成法であれば確実に第一級アミンを得られる。 反応溶媒としてDMFなどの […]
  • フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesisフィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis   概要 α-シアノヒドリンとアルデヒドから酸触媒条件下にオキサゾールを得る方法。   基本文献 Fischer, E. Ber. 1896, 29, 205. DOI: […]
  • フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterificationフィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification   概要 カルボン酸とアルコールから、酸触媒存在下加熱条件にてエステルを合成する手法。 平衡反応なので、収率良く進行させるには平衡を生成系に偏らせる必要がある。通常は一方の試薬を過剰に用いるか、Dean-Stark装置を用いて水を系外に追い出すなどの工夫がな […]
  • フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagentフェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent   概要 セライト担持型炭酸銀(I)はFetizon試薬と呼ばれ、マイルドな酸化試薬として働く。とくにラクトールをラクトンに選択的に酸化する目的で重宝される。   基本文献 Fetizon, M.; Golfier, M. […]
  • フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesisフリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis   概要 2-アミノベンズアルデヒドとケトンを縮合させてキノリン誘導体を合成する手法。   基本文献  Friedlander, P. Ber. 1882, 15, 2572.  Friedlander, P.; […]
LINEで送る
Pocket

About Author

Hiro

Hiro

0 Comments

No Comments Yet!

There are no comments at the moment, do you want to add one?

Write a comment

Only registered users can comment.

キャンペーン

PR