[スポンサーリンク]


F

福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis

アルコール、ハロゲン化合物→窒素化合物

概要

穏和な条件で二級アミンが合成できるきわめて強力な手法。

ニトロベンゼンスルホンアミド(ノシル(Ns)アミド)のプロトンは酸性度が高く、光延反応条件によりアルキル化することが可能である。
弱塩基・アルキルハライドを用いるアルキル化条件に伏すこともできる。

トルエンスルホニル(Ts)アミドなどでも同様の変換に伏すことは可能だが、Ns基の場合はチオールの求核攻撃によって容易に脱保護が行える。この点で脱保護の難しいTs基よりも優れる。

Ns基はアミンの保護と活性化の二役をこなす、次世代型保護基と言える。

基本文献

 

開発の歴史

福山透らによって1995年に開発された。ちなみに福山は1995年にライス大教授から東京大学へと移り、現在名古屋大学特任教授である。

福山透

福山透

 

反応機構

脱保護:Ns基はチオールの求核付加によりMeisenheimerコンプレックスを経由し、引き続き二酸化硫黄の脱離を伴って脱保護される。他のスルホン系保護基に比べ、脱保護が容易な点が特長である。
fukuyama_amine_2.gif

反応例

ニトロ2置換のDNs保護基も同様の手法に用いられる。Nsと区別して脱保護することも可能。
fukuyama_amine_3.gif
大環状アミンの合成にも用いることが出来る[1]。
fukuyama_amine_4.gif

実験手順

ノシル基の脱保護[2] fukuyama_amine_5.gif

攪拌子を備えた100mL二径フラスコに、窒素雰囲気下、チオフェノール(7.82mL, 76.5mmol)のアセトニトリル(20mL)溶液を調製する。溶液を氷冷し、10.9M水酸化カリウム水溶液(7.02mL,
76.5mmol)を10分かけて加える。5分攪拌後、氷浴を取り除き、N-(4-Methoxybenzyl)-N-(3-phenylpropyl)-2-nitrobenzenesulfonamide
(13.5g, 30.6mmol)のアセトニトリル(20mL)溶液を20分かけて加える。溶液を50℃にて40分過熱攪拌し、室温まで放冷する。水(80mL)で希釈し、ジクロロメタン(3×80mL)で抽出する。有機層を合わせ、飽和食塩水(80mL)で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥させる。ろ過して減圧濃縮し、シリカゲルカラムクロマトグラフィで精製する。濃縮後得られた油状物質をジクロロメタン(120mL)に溶解させ、1M水酸化ナトリウム水溶液(80mL)、飽和食塩水(40mL)で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥する。ろ過して濃縮、減圧蒸留にて精製(150℃,0.25mmHg)することで目的のアミンを無色油状物質として得る(6.98-7.08 g, 収率89-91%)。

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

  1. Fujiwara, A.; Kan, T.; Fukuyama, T. Synlett 2000, 1667. DOI: 10.1055/s-2000-7950
  2. Kurosawa, W.; Kan, T.; Fukuyama, T. Org. Synth. 200279, 186. [PDF]

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…
  2. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Steve…
  3. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogen…
  4. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Eva…
  5. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  6. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synt…
  7. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthe…
  8. ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduc…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 身近なカガクを説明した記事まとめ
  2. アルツハイマー薬で副作用死
  3. 第37回反応と合成の進歩シンポジウムに参加してきました。
  4. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  5. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯
  6. ケムステ国際版・中国語版始動!
  7. ケムステ記事ランキングまとめ
  8. 小さなケイ素酸化物を得る方法
  9. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  10. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

3年以上本コンテンツは更新が滞っていましたが、ゆっくりと再開いたします。第28回はブライトン大学、薬…

「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より

「ケムステ海外研究記」の第8回目は、小田晋 博士にお願いしました。小田さんは4年間のシカゴ大…

有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2

前回、芳香族求電子置換反応の概要と一般的な反応機構についてお話ししました。そこでは、ベンゼンの安定な…

拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法

拡張Pummerer反応として、 -シグマトロピー転位を経由するアリールスルホキシドとフェノール類と…

脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

第70回のスポットライトリサーチは名古屋大学創薬科学研究科・北村研究室の道木和也さんにお願いしました…

iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?

YouTubeなどで日本刀に斬られたり、ライフルで撃たれたりしているiPhone 7ですが、酸への耐…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP