[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

スルホン系保護基 Sulfonyl Protective Group

 

概要

スルホン系保護基は保護以外の目的でも頻用される。酸性条件・酸化条件に強い保護基。

よく使われるものにはメタンスルホニル(Methanesulfonyl, Ms)、トルエンスルホニル(Toluenesulfonyl
Ts)基、ニトロベンゼンスルホニル(nitrobenzenesulfonyl,
Ns)基
、トリフルオロメタンスルホニル(trifluoromethanesulfonyl, Tf)基
があげられる。

PG_sulfonyl_2.gif

アルコールをスルホニル化すれば脱離能が向上し、置換/脱離反応に活性となる。このため、脂肪族アルコール保護に使われるケースは稀である。一方で、保護基の電子求引性を利用し、電子豊富フェノールの酸化防止保護目的で用いられることは多い。

アミンの保護には有効である。スルホンアミドとして保護すれば、アミンの求核性・塩基性をうまく抑えることができる。

特に一級アミンを保護した場合には、スルホンアミドのN-Hプロトンの酸性度が十分高くなる。このため、光延反応やアルキル化条件へと伏すことができ、二級アミン合成にも用いることができる。この目的においては、Tsに比べて脱保護の容易なNs基がよく用いられる(福山アミン合成)。

基本文献

 

反応機構

Ms基とTs基は保護時の反応機構が異なる。活性種を効率的に生成する目的で、それぞれ性質の異なる塩基が用いられる。すなわち、Ms保護ではトリエチルアミン、Ts保護ではピリジン(orDMAP-トリエチルアミン)を用いることが一般的。
PG_sulfonyl_3.gif
他方、脱保護は比較的難しい。穏和な条件下に脱保護を行いたい場合は、Mg/MeOHなどの一電子還元条件を用いる。
PG_sulfonyl_4.gif
Ns基はチオラートの求核付加によって穏和な条件下脱保護できるため、合成化学的に価値が高い(福山アミン合成を参照)。

 

反応例

トリフルオロメタンスルホニル化にはTf2Oを用いることが一般的だが、エノールの保護には適していないことが多い。代替試薬としてMcMurry’s
reagent
Comin’s reagentが用いられる。
PG_sulfonyl_5.gif
Mg-MeOH系によるTs基の脱保護[1] PG_sulfonyl_7.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Sridhar, M.; Ashokkumar, B.; Narendar, R. Tetrahedron Lett.
1998, 39, 2847. doi:10.1016/S0040-4039(98)00314-1

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyem…
  2. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  3. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  4. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz …
  5. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearra…
  6. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…
  7. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpac…
  8. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレックス : Boron Trifluoride – Ethyl Ether Complex
  2. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性
  3. 究極の二量体合成を追い求めて~抗生物質BE-43472Bの全合成
  4. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収
  5. イヴァン・フック Ivan Huc
  6. [6π]光環化 [6π]Photocyclization
  7. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
  8. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis
  9. 日本にノーベル賞が来る理由
  10. 反応探索にDNAナノテクノロジーが挑む

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP