[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

スルホン系保護基 Sulfonyl Protective Group

 

概要

スルホン系保護基は保護以外の目的でも頻用される。酸性条件・酸化条件に強い保護基。

よく使われるものにはメタンスルホニル(Methanesulfonyl, Ms)、トルエンスルホニル(Toluenesulfonyl
Ts)基、ニトロベンゼンスルホニル(nitrobenzenesulfonyl,
Ns)基
、トリフルオロメタンスルホニル(trifluoromethanesulfonyl, Tf)基
があげられる。

PG_sulfonyl_2.gif

アルコールをスルホニル化すれば脱離能が向上し、置換/脱離反応に活性となる。このため、脂肪族アルコール保護に使われるケースは稀である。一方で、保護基の電子求引性を利用し、電子豊富フェノールの酸化防止保護目的で用いられることは多い。

アミンの保護には有効である。スルホンアミドとして保護すれば、アミンの求核性・塩基性をうまく抑えることができる。

特に一級アミンを保護した場合には、スルホンアミドのN-Hプロトンの酸性度が十分高くなる。このため、光延反応やアルキル化条件へと伏すことができ、二級アミン合成にも用いることができる。この目的においては、Tsに比べて脱保護の容易なNs基がよく用いられる(福山アミン合成)。

基本文献

 

反応機構

Ms基とTs基は保護時の反応機構が異なる。活性種を効率的に生成する目的で、それぞれ性質の異なる塩基が用いられる。すなわち、Ms保護ではトリエチルアミン、Ts保護ではピリジン(orDMAP-トリエチルアミン)を用いることが一般的。
PG_sulfonyl_3.gif
他方、脱保護は比較的難しい。穏和な条件下に脱保護を行いたい場合は、Mg/MeOHなどの一電子還元条件を用いる。
PG_sulfonyl_4.gif
Ns基はチオラートの求核付加によって穏和な条件下脱保護できるため、合成化学的に価値が高い(福山アミン合成を参照)。

 

反応例

トリフルオロメタンスルホニル化にはTf2Oを用いることが一般的だが、エノールの保護には適していないことが多い。代替試薬としてMcMurry’s
reagent
Comin’s reagentが用いられる。
PG_sulfonyl_5.gif
Mg-MeOH系によるTs基の脱保護[1] PG_sulfonyl_7.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Sridhar, M.; Ashokkumar, B.; Narendar, R. Tetrahedron Lett.
1998, 39, 2847. doi:10.1016/S0040-4039(98)00314-1

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Sy…
  2. ブラン環化 Blanc Cyclization
  3. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acet…
  4. 原子移動ラジカル重合 Atom Transfer Radical…
  5. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  6. コルベ電解 Kolbe Electrolysis
  7. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis…
  8. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reage…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. シュガーとアルカロイドの全合成研究
  2. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate
  3. 【速報】2010年ノーベル化学賞決定!『クロスカップリング反応』に!!
  4. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  5. 化学者のランキング指標「h-index」 廃止へ
  6. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  7. ペリプラノン
  8. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  9. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method
  10. Natureが査読無しの科学論文サイトを公開

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

合同資源上瀑工場

千葉県大多喜町にある相生工業(株)(現(株)合同資源)のヨウ素製造拠点で、反応設備兼沈降設備であるド…

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP