[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations

 

  • 内容

化学変換・合成手法の百科事典とも言うべき書。数万もの官能基変換手法が納められています。第二版では大幅な加筆がなされました。有機合成に関わるすべての人にとって有用な書物。

 

  • 対象

有機合成に関わる研究者

 

  • 評価・解説

Scifinderなどが発達し、簡単に合成法を調べられる現在でも、あらゆる官能基別変換反応を一目で調べることの出来る本書の利便性は高いです。非常に多数の反応の文献が羅列されており、まさに合成反応の大辞典といえます。高価でかさばるので個人で持つ必要はないと思いますが、研究室・会社に1冊あると便利です。

 

  • 関連書籍
The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱
  2. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  3. レーン 超分子化学
  4. English for Writing Research Pap…
  5. ChemSketchで書く簡単化学レポート
  6. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  7. Organic Synthesis Workbook
  8. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  2. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました
  3. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉
  4. ノッド因子 (Nod factor)
  5. 分子構造を 3D で観察しよう (2)
  6. ニュースタッフ参加
  7. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis
  8. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  9. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ
  10. 少年よ、大志を抱け、名刺を作ろう!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP