[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations

 

  • 内容

化学変換・合成手法の百科事典とも言うべき書。数万もの官能基変換手法が納められています。第二版では大幅な加筆がなされました。有機合成に関わるすべての人にとって有用な書物。

 

  • 対象

有機合成に関わる研究者

 

  • 評価・解説

Scifinderなどが発達し、簡単に合成法を調べられる現在でも、あらゆる官能基別変換反応を一目で調べることの出来る本書の利便性は高いです。非常に多数の反応の文献が羅列されており、まさに合成反応の大辞典といえます。高価でかさばるので個人で持つ必要はないと思いますが、研究室・会社に1冊あると便利です。

 

  • 関連書籍
The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る
  2. 有機合成のナビゲーター
  3. 液クロ虎の巻シリーズ
  4. 有機合成のための遷移金属触媒反応
  5. 医薬品のプロセス化学
  6. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  7. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー5
  8. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ダフ反応 Duff Reaction
  2. 2016年2月の注目化学書籍
  3. メリークリスマス☆
  4. プラテンシマイシン /platensimycin
  5. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(4年目)
  6. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する〜
  7. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  8. Reaxys無料トライアル実施中!
  9. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授
  10. 化学エネルギーを使って自律歩行するゲル

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP