世界の化学者データベース

  1. デヴィッド・クレネマン David Klenerman

    デヴィッド・クレネマン (David Klenerman、19xx年x月xx日(イギリス生)-)は、イギリスの生化学者・生物物理学者である。英ケンブリッジ大学化学科 教授。(写真:Royal Society ) (さらに&h…

  2. シャンカー・バラスブラマニアン Shanker Balasubramanian

    シャンカー・バラスブラマニアン(Shanker Balasubramanian、1966年9月30日…

  3. 安積徹 Tohru Azumi

    安積徹(あづみとおる、1934.9.7 –2009.12.12)は、日本の物理化学者。父・安積宏(あ…

  4. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

    浦野 泰照(うらの やすてる、1967年xx月xx日-)は日本の有機化学者である。東京大学大学院薬学…

  5. ダン・シングルトン Daniel Singleton

    ダニエル・A・シングルトン(Daniel A. Singleton、19xx年xx月xx日-)は米国…

  6. マット・フランシス Matthew B. Francis

  7. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann

  8. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

  9. 森田浩介 Kosuke Morita

  10. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus

  11. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann

  12. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

  13. アジズ・サンジャル Aziz Sancar

  14. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich

  15. 水島 公一 Koichi Mizushima

  16. ウィリアム・キャンベル William C. Campbell

スポンサー

ピックアップ記事

  1. とある農薬のはなし「クロロタロニル」について 
  2. のむ発毛薬で五輪アウトに
  3. ブートキャンプ
  4. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集
  5. 製薬各社 2010年度 第1四半期決算を発表
  6. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位
  7. 城戸 淳二 Junji Kido

注目情報

最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

PAGE TOP